BULLBULL BEARBEARは商品先物のページです
サイト内検索
フジフューチャーズ

本日の相場観

2020-01-24 07:21:24


今日は株商品共に小動き。


新型コロナウイルス感染拡大懸念から
リスク警戒の動きとなっている。


金相場は高値圏で足踏み、
上昇傾向の流れに変化はなく、
来週辺りから相場の動きを期待したいところ。


方針は変わらず金売り。
未だ流れに逆らっての仕掛けであるため、
下げ相場への傾向が見られるまでは慎重にいきたい。


大木康弘
本日は商品安、株下落、ドル円は109円57銭昨日より
45銭のドル安、円高となっています。 全面安の展開
コロナウイルス感染拡大、明日から中国が春節なども
あり、手仕舞い先行の動きとなっているようです。


貴金属  昨晩NYは金下落、銀、白金上昇 金、銀は小幅もみ合い
    白金はパラジウム上昇もありしっかり、同値圏の動きと
    なっています。 国内円高もあり金、銀、まちまち、
    白金はNY夜間取引安もあり下落となっています。
    3品とも小幅もみ合い、金、白金さらなる調整安
    を待って買いから入りたいところです。


穀物  昨晩シカゴ コーン上昇、大豆、小麦下落 昨日の
   修正の動きとなっています。
    国内 コーンまちまち、大豆変わらず。コーンは
   同値圏の動き、コーン押し目買い方針。
   昨日国内ファンドは15枚の買いの手口となっています。

        
                      近藤
2020-01-23 07:30:02


今日は株小動き商品小高い。


来週にFOMCを控え、
今日は全体的に小動きとなっている。


金相場は高値圏で足踏み、
上昇傾向の流れに変化はなく、
来週辺りから相場の動きを期待したいところ4.


方針は変わらず金売り。
金相場は下げ相場に転換するかどうかの分岐点。
条件が揃えば追加で売り仕掛けを考えていきたい。


大木康弘
本日は商品まちまち、株は上昇、ドル円は110円02銭
昨日より10銭のドル高、円安 コロナウイルスの拡大や
ダボス会議でのトランプ大統領の「米国は今までみたこともない
ような好景気」などの発言もあり、強弱材料が入り乱れている状況


貴金属  昨晩NYは 金、銀、白金下落 金はコロナウイルスの拡大
    で買われる場面もありましたが、ダボス会議での
    トランプ大統領の「米国は今までみたこともないような好景気」
    などの発言で売られる展開、白金、銀はNY株安もあり下落
    となっています。チャートは3品とも同値圏の動き。
     国内 金、銀、白金下落3品とも同値圏の動き、一目均衡表
    基準線で下値抵抗、慎重派はさらなる調整安を待って買いから
    入りたいところ。

穀物  昨晩シカゴ コーン、大豆下落、小麦上昇、大豆は米中 第一弾の
   合意署名後 米国からの中国への大豆成約が見られないことで下落
   小麦はロシア輸出規制の可能性があること、フランスがストの影響で
   供給障害がでそうなことで2桁の上昇となっています、コーンは間に
   挟まれて小幅安となっています。 大豆新安値更新、小麦新高値更新
   コーン同値圏の動き。 国内 コーンまちまち、大豆変わらず 
   コーンはシカゴ夜間取引高もあり先物はしっかりの展開 コーン
   押し目買い方針。
   昨日 国内ファンドは3枚買いの手口となっています。


                             近藤

2020-01-22 07:30:51


今日は株商品共に安い。


中国武漢を中心に広がる新型コロナウイルスが、
米国で中国からの旅行者から確認された。
中国が金曜日から春節で大型連休入りということもあり、
警戒感が広がっている。


来週にFOMCを控える中でトランプ大統領の
米国は今までに見たことのないような好景気の真っただ中にある
FRBは利上げには速すぎ、利下げには遅すぎる
米中通商協議の第2段階の交渉はまもなく始まる
という発言も伝わっている。


方針は変わらず金売り。
金相場は下げ相場に転換するかどうかの分岐点。
条件が揃えば追加で売り仕掛けを考えていきたい。



大木康弘
本日は商品まちまち、株は下落、ドル円は109円92銭
昨日より25銭のドル安、円高 中国コロナウイルスが予想以上に
拡散していること、今日からダボス会議が始まること、週末は
中国が旧正月を控えていることなどもあり、調整商いが
出やすい可能性がありそうです。


貴金属  昨晩NY市場は休場、国内 金 小幅高、銀 小幅安
    白金下落、同値圏の動き 中国コロナウイルスが予想以上に
    拡散していること、今日からダボス会議がはじまること、
    週末は中国が旧正月を控えていることなどもあり
    手仕舞い先行となる可能性があるのではないでしょうか
    金、白金調整安待って買いから入りたいところ。

穀物  昨晩シカゴ市場休場 国内 コーン下落、大豆変わらず
   コーンは夜間取引安、円高もあり下落、昨日の上げの修正安
   コーン押し目買い方針。
   昨日国内コーンは12枚の買いの手口となっています。

                       近藤
本日は商品高、ゴムだけ下落、株は上昇 ドル円110円17銭
先週末より2銭のドル安円高となっています。今晩はキング牧師の
誕生日で米国市場は休場となります。


貴金属 先週末 NYは金、銀、白金上昇 米中貿易に対する不透明感
   株高警戒に対するヘッジ買いの見方でしっかりの展開
    国内 金、銀、白金上昇 同値圏の動き テクニカル的には
   買われ過ぎに入っており 調整安を待って金、白金 買いから入り
   たいところ。


穀物  先週末シカゴ コーン、大豆、小麦 上昇 米国、メキシコ
   カナダ協定(USMCA)の法案可決が好感されてしっかりの展開
   コーンは韓国、インドの大口買い付けで 先週の下げから
   往って来いの展開 大豆も米中第一段合意で噂で買われて
   事実で売られたような展開となっています。
    国内 コーン上昇、大豆変わらず、 コーン先週の下げに対する
   修正高 コーン押し目買い継続。
   先週末 国内ファンドは3枚の買いとなっています。


                             近藤
2020-01-20 07:29:49


今日は株商品共に小高い。
今週は月曜日、火曜日に日銀・金融政策決定会合、
木曜日にECB政策金利。


特に大きな材料のない中で、
全体的に上昇傾向の流れ。
NY金相場は少し流れに変化が期待できる形であり
このまま数日高値更新とならなければ
独自チャートも売り転換するため、
そこで追加売りとしたい。


方針は変わらず金売り。


大木康弘
2020-01-17 07:41:04


今日は株高商品小動き。


米中貿易問題も一服、
良好な米経済指標に注目が移る中で、
NYダウは史上最高値を更新。
次の注目は月末の米FOMC。


金は上昇相場の中の調整か高値保合い、
未だ下げ相場への兆しは見えないが、
このまま数日高値更新とならなければ
独自チャートも売り転換するため、
そこで追加売りとしたい。


方針は変わらず金売り。


大木康弘
本日は商品まちまち、株は小幅上昇、ドル円は109円93銭
昨日より3銭のドル高円安、米中合意署名式は 特別何もなく
市場全体的は小動きとなっています。


貴金属 昨晩NYは金、銀、白金上昇 米中第一段の合意署名
   終了で材料出尽くしで金、銀は昨日の下げの修正高 
   同値圏の動きとなっています、白金は急伸 パラジウム高
   などもあり1000ドル突破で踏み上げもあったのではないで
   しょうか、国内 金、銀まちまち、白金は上昇 本日白金は
   売り方の踏みも出ていたのではないでしょうか、大商いと
   なっています、テクニカル的にも買われ過ぎになっています。
   金、白金調整安を待って買いから入りたいところ。


穀物  昨日シカゴ コーン、大豆下落、小麦上昇 米中第一段の
   合意での中国による農産物輸入量の拡大が実現できるかどうか
   疑問視する見方もあり下落、コーンは連れ安 小麦は依然ロシア
   の輸出規制するのではとの報道で新高値更新となっています。
    国内 コーンまちまち、大豆変わらず コーン押し目買い方針
   昨日国内ファンドは3枚の買いの手口となっています。


                          近藤
2020-01-16 07:27:01


今日は株小高く商品小動き。


米中はホワイトハウスで第1段階の貿易合意に署名、
特に真新しい内容はなく、
流れに変化は見られない状態。


株、商品共に上昇傾向に変化はないものの、
例年の傾向から1月2月で1度天井打ちすることが多い。


方針は変わらず金売り。



大木康弘
本日商品まちまち、株は下落 ドル円109円90銭
15銭 昨日より15銭のドル安円高となっています。
本日 米中通商協議の第一段階合意署名を控えて市場は
調整商い、昨日 米国 消費者物価指数が悪かった
ことなども調整の動きになったのではないでしょうか。


貴金属  昨晩NYは金、銀下落、白金上昇 米中通商協議の
    第一段階合意署名を控えてること 消費者物価指数が
    悪かったことで調整商い、白金はパラジウム急伸も
    あり上昇となっています。 金、銀は一時安値更新
    白金は同値圏の動きとなっています。 国内
    金、白金上昇、銀まちまち NY夜間取引高もあり
    金、白金は上昇となっています。 白金は新高値更新
    金、銀は同値圏の動き、金、白金 さらなる調整安を
    待って買いから入りたいところ。

穀物  昨日シカゴ コーン小幅安、大豆まちまち、小麦上昇
   小麦はロシア輸出制限検討との報道で上昇、大豆、コーン
   は米中通商協議の第一段階合意署名を控へ 調整商いと
   なっています、 小麦は新高値更新、コーン、大豆は
   同値圏の動き 国内 コーンまちまち、大豆変わらず
   コーン押し目買い方針。
   昨日 国内ファンドは13枚の売りの手口となっています。

                        近藤
2020-01-15 07:38:55


今日は株商品小高い。
今晩は米雇用統計。


ブルームバーグが「対中関税は大統領選挙後まで継続」と伝えたこと、
米消費者物価指数は予想下回ったことなどを受けて
若干のドル安の動きとなっている。


中東情勢、米中貿易問題が落ち着いてくれば、
次の注目は月末の米FOMCに移ってくるか。
現状利下げをする必要性はなく、
この辺りからドル高金安の展開を期待したいところ。
今月のFOMCは28日29日。


方針は変わらず金売り。
やはりすんなり下げ相場には移行せず、
上昇相場の中の足踏みに留まっている。
今回の売り仕掛けは時期的に
遅くとも3月半ば辺りまでには形になると考えている。
大きな相場になる可能性が高いため、
焦らずじっくり臨みたい。


大木康弘
本日商品まちまち、株は上昇 ドル円は110円05銭 先週末より約50銭の
ドル高、円安となっています。 米雇用統計若干悪い内容でしたが、無難に
通過、明日 第一弾の米中合意の署名が予定されていること、米国が
中国を為替操作国の認定から外すとの報道などもあり、ドル高、株高の展開
となっています。


貴金属  昨日NYは金、銀、白金下落 米中貿易問題 進展期待
    米国が中国を為替操作国の認定から外すとの報道もあり
    貴金属は頭重たい展開 チャートは同値圏の動き
     国内 金下落 銀まちまち 白金上昇 イラン情勢が
    落ち着いたこと、米中貿易問題 進展期待で頭重たい
    展開、金、白金調整安待ち、もう一段下まで待って買いから
    入りたいところ。

穀物  昨晩シカゴ コーン上昇、大豆、小麦下落 コーンは週末の
   需給発表で在庫減、四半期在庫も減少となりその流れで前日に
   続き上昇、大豆は需給発表、四半期在庫とも弱い内容で下落
   となっています。国内 コーン上昇、大豆変わらず コーン
   押し目買い方針。
   先週末 国内ファンドは31枚買いの手口となっています。

                           近藤

2020-01-10 07:36:25


今日は株高商品小動き。
今晩は米雇用統計。


中東情勢の緊張状態も緩和しており、
落ち着きを取り戻している。


金相場は高値5574円が
とりあえずの天井となると見ている。
ここで下げ止まるか単なる初戻りか。
上昇の流れは変わらず、
1日下げただけではあるが、
出来高も膨らんでおり相場の変化に期待したいところ。


方針は変わらず金売り。


大木康弘
本日は商品安、穀物は上昇、株は急伸、ドル円は109円26銭
昨日より94銭のドル高円安となっています。トランプ大統領の
演説で「今回の報復攻撃の被害は 最小 米国人はだれも傷ついて
いない」米国 イラン共に大規模な軍事衝突を回避する方向で一致
しているようで、本日は昨日の巻き戻しの動きとなっています。
明日は米国 雇用統計、米国農務省 需給発表、四半期在庫の発表
となります。



貴金属  昨晩NYは金、銀、白金下落 米国 イラン共に
    大規模な軍事衝突を回避する方向で一致していることが
    わかり、昨日の巻き戻しの動きとなっています。
     国内 金、銀、白金下落 昨日の巻き戻しの動き
    明日の米国 雇用統計見たいところです、相場が落ち着いて
    くるまでは様子見、基本は 金、白金 押し目買い方針
    
穀物   昨晩シカゴ コーンまちまち、大豆、小麦上昇 コーン
    小麦は需給発表前で調整商い、大豆は米中通商協議の署名
    が行われるとの期待で上昇となっています。
     国内 コーン上昇、大豆変わらず コーン押し目買い方針
    昨日国内ファンド3枚の売りとなっています。

                            近藤
2020-01-09 07:48:40


今日は株小高く商品安。


昨晩のトランプ大統領のイランに関する声明で
「イランに経済上の追加制裁を発動する」との発言の一方で、
「米国人は全く傷つかなかった。イランは攻撃後に行動を抑制しているもよう」と述べた。
とりあえずの軍事的な行動は回避されたとの見方から
今日はリスク選好の展開となっている。


昨晩のADP雇用者数は予想よりも良い内容、
金曜日に米雇用統計を控えている。
ただし最近ADP雇用者数は米雇用者数と
数字がかい離しているため参考にはならない。


金相場は昨日の高値5574円が
とりあえずの天井となりそうだ。
しかし下げ相場になるとは思えず、
調整局面という形の可能性は高い。


方針は変わらず金売り。



大木康弘
本日は商品まちまち、金、原油 上昇、株は下落 ドル円は108円30銭
昨日より12銭のドル安円高となっています。 本日国内寄り付き前に
イランの報復によるイラクの米軍基地にミサイル攻撃の報道で、相場は
大荒れとなっています。その後 イランは戦争を望んでないとの報道や
トランプ大統領の「被害状況などを確認している今のところ問題ない」
との余裕のツイートなどもあり 朝からは修正の動きとなっています。
今晩のトランプ大統領の会見が気になるところです。


貴金属  昨晩NYは金、銀、白金上昇 イランの報復の可能性警戒で
    金中心にしっかりの展開 国内 金 急伸、銀上昇、白金
    下落 寄り付き前にイランの報復によるイラクの米軍基地に
    ミサイル攻撃の報道でNYの金 夜間取引は急伸 一時1600ドル超へ
    となり国内も急伸 取り組み8万2千枚に対して10万の大商い
    となっています。 かなり玉整理はされたのではないでしょうか
    まだ米国、イランの情勢次第ではありますが出来高だけ見れば
    陽の極のような感じにも見えますが 買い玉は利食い先行で
    相場が落ち着くまで様子をみたいところでしょうか。


穀物  昨晩シカゴ コーン、大豆、小麦 まちまち 穀物は中東情勢
   から蚊帳の外 玉整理中心の動きとなっています。 国内 コーン
   まちまち、大豆変わらず コーン押し目買い方針。
   昨日国内ファンドは27枚の買いの手口となっています。


                             近藤
2020-01-08 07:41:31


今日は株小安く商品小動き。


商品相場は上昇傾向。
「イラクの米軍基地がイランの攻撃を受けている」
との一部報道を受けて
金相場は上値追いの状態が続いている。
訓練用サイレンを受けての誤報だったのだが、
この問題に市場が敏感になっている。


こういう時に有事の金買いと言われるが、
有事の際にこれを理由として
金が買われることは一時的であることが多い。
天井打ちはまだ先であると考えているが、
かい離もかなりきついため、
今日は試しに金売り仕掛け。


方針は金売り。


大木康弘
本日は商品安、株高、ドル円は108円42銭 昨日より
37銭のドル高、円安となっています。
米国、イランに特別動きがなく、全体的に昨日の修正となって
います。


貴金属  昨晩NY金、銀上昇、白金下落 米国、イランに特別動きがなく
    3品とも高値から下げる展開、昨日売り方の踏みが出ていたのでは
    ないでしょうか。 国内 金、銀、白金下落 昨日の上昇に対して
    修正安、まだ米国、イラン次第の展開で落ち着いてはいない状況
    買い玉は利食い先行で、調整安を待って金、白金 買い狙い。


穀物   昨晩シカゴ コーン、小麦下落 大豆上昇 米国、イラン情勢
    緊迫でリスクオフの展開 国内 コーンまちまち、大豆変わらず
    コーン押し目買い方針。
    昨日国内ファンド100枚買いの手口となっています。

                            近藤
本日工業品急伸、穀物は下落 株は急落、ドル円は108円05銭
大納会より1円09銭のドル安、円高となっています。米国が空爆
により、イランの革命防衛隊の司令官を殺害したため、イランの報復の
可能性があるなど地政学リスクの高まりで、金、原油急伸、株は急落
となています。 


貴金属 先週末NYは金、銀、白金上昇 地政学リスクの高まりで上昇
    チャートは3品とも金、白金は9月の高値近辺、銀は10月の
    高値近辺まで上がっております。 国内 金、白金 3桁の上昇
    銀も上昇となっています、 円高でしたが、NY夜間取引で金は
    さらに25ドル前後上昇 白金、銀は連られる展開 イランの
    報復あればもう一段の可能性もありますが、テクニカルは買われ
    過ぎに入っていますので、買い玉は利食い先行でいきたいところ
    また 調整安を待って金、白金の買い方針。
    明日の夜間取引から 金の証拠金が102000→156000円
    にアップとなります。

穀物  先週末シカゴ コーン、大豆、小麦下落 市場全体 リスクオフ
   の流れで買い玉利食い先行の下げとなっています。
   チャートは同値圏の動き。
    国内 円高もありコーン下落、大豆変わらず、やや円高傾向なども
   ありますが、コーン押し目買い方針でいきたいところ
   年末国内ファンドは34枚の買いの手口となっています。


                             近藤
2020-01-06 07:43:00


明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。


今日は株安商品高。
今週は金曜日に米雇用統計。


イラン情勢悪化を受けて
NY金は上値追いの状態。
上昇の流れではあるがかなりかい離はきつい。
まずは買い玉全て決済して様子見。


昨年からの方針通り、
今月からは金の売り場所探しとしたい。


大木康弘
本日大納会 夜間取引もあります。 年明けは
1月6日からのスタートとなります。
2019-12-30 07:31:22


今日は株商品小動き。


今日は大納会、夜間取引まではある。
始まりは来年の6日月曜日。


今年の相場は金が史上最高値更新、
ここまでは思い通りであった。
しかし5000円以上の時間帯が
これほど長くなるのは想定外で、
売り仕掛けるが来ないどころか
ほぼ高値圏での年末となっている。


例年通りであれば1月から2月の高値が売り仕掛ける好機。
今はまだ買い方針であるものの、
来年はまずどこで売り仕掛けていくかが勝負になってくる。


方針は変わらず金買い。
来月半ばからは売り場所探し。


1年間ありがとうございました。
良いお年をお迎えください。


大木康弘
2019-12-27 07:24:33


今日は株高商品高。


東京金は史上最高値更新、
薄商いであるもののの株高という状況の中、
金相場も緩やかに上昇を続けている。
相対力はNY金69、東京金77、
かなり過熱感は出てきている。
ただし相場が反転するような兆しはないため、
天井打ちはもう少し先と考えておきたい。


方針は変わらず金買い。
最終日に大幅高するようならば全て手仕舞い、
小動きならば一部手仕舞い、
ゆっくり年明けまでお休みとしたい。


大木康弘
本日は商品高、ゴムだけは下落、株は上昇、ドル円は109円54銭
昨日より16銭のドル高、円安となっています。 昨晩はクリスマスで
欧米市場は休場となっています。


貴金属 昨晩NY休場、国内 金、銀、白金上昇、円安と スポット
    上昇により 3品とも新高値更新となっています。このところ
    長期金利も高く、株も上昇で金は下がっても良い材料ですが
    しっかりの展開。クリスマス休暇で商いの薄いところで説明
    のつかない動きとなっています。 クリスマス明けからの米市場
    を見たいところです。 金、銀はテクニカル的もは買われ過ぎに
    入ってきており、買い玉あれば利食い先行で良いのではないで
    しょうか、白金もここから上は買われ過ぎに入ってきますので
    やはり利食い先行で行きたいところ。また 調整安を待って
    金、白金の買いを狙いたいところです。

穀物  昨晩シカゴ休場 国内円安もあり コーン上昇、大豆変わらず
   コーンは新高値更新、国内ファンドはどてん買いに回ってきました
   ここからの噴き値は利食い先行で行きたいところです、調整安を
   待って 押し目買い方針。
   昨日 国内ファンドは35枚の買いの手口となっています。

                            近藤
2019-12-26 07:43:17


今日はクリスマス休暇で休場。


残すところあと3営業日、
インフルエンザにかかってしまったため、
相場も体も身動きが取れない。
ゆっくり年明けまでお休みとしたい。


大木康弘
2019-12-25 07:30:01


今日も株小安く商品小高い。
今晩海外はクリスマス休暇で休場。


今日は貴金属新甫発会。
NY金は1500ドル付近まで到達。
例年通り年末年始上昇の傾向は今年も変わらない模様。


方針は変わらず金買い。
史上最高値5304円が見えてきている。
利食いは高値更新まで我慢することとしたい。



大木康弘
本日は商品まちまち、株は小幅上昇、ドル円は109円42銭
先週末より9銭のドル高円安、クリスマス前で調整商いで出来高
少なくなっています。 極端なポジションはとりたくないところ
です。 金、白金 調整安待って買いから入りたいところ、コーン
押し目買い方針。 先週末 コーン国内ファンドは43枚の買いの
手口で買い越しになってきました。

                         近藤 

2019-12-23 07:42:38


今日も株高商品小安い。


今週はクリスマス、
取引参加者が少なくなり、
相場の動きもおとなしくなり易い。


年内は残り6営業日。
貴金属発会など控えており、
来年に向けて玉調整以外の売買は難しい。


方針は変わらず金買い。


大木康弘

商品先物取引に関する注意事項勧誘方針個人情報保護方針お客様相談窓口