BULLBULL BEARBEARは商品先物のページです
サイト内検索
フジフューチャーズ

本日の相場観

【フジフューチャーズ】事業譲渡により日産証券株式会社に

 3月22日より移ることになりました。いままでありがとうございました。

                                                                                         近藤
2021-02-18 07:57:44


今日は株商品小高く、金のみ安い。


今日から中国市場が旧正月明けで再開。
NY金は昨年末の安値を試しに来ている形。
ここを下抜ければ大きく崩れる可能性も出てくる。
引き続き大きな崩れを期待したい。


大木康弘



本日は商品まちまち、株は下落、ドル円は105円85銭昨日より
41銭のドル高円安となっています。ドル高、米国長期金利上昇
で金は頭重たい展開。


貴金属  昨晩NYは金、銀下落、白金上昇 ドル高、長期金利
    上昇で金、銀は頭重たい展開 金はレンジの下限となって
    います、白金も高値から下落上髭を引っ張っています。
     国内 金、銀、白金下落 金はレンジ下限、白金は
    売り方踏み上げ完了か、下落となっています、金は
    レンジ内の動きですが売り有利な展開

穀物  昨晩シカゴ コーン、大豆、小麦上昇 材料はブラジルの
   収穫遅れなどが材料、明日からアウトルック・フォーラムが
   あることも影響しているようです。 3品ともチャートは
   レンジ内の動き。
    国内 円安もありコーン上昇、先限つなぎ足では一時
   新高値更新、しばらく突っ込み買い、噴値売り。

                        近藤
2021-02-17 07:54:44


今日は株商品小高く、貴金属のみ安い。


ドル円は106円まで到達、
ドル高により金は足取り鈍く
下値模索の展開が続いている。


金相場はここ最近の安値5900円を
試しに行く形になり始めており、
大きな崩れが起きるのを期待したい。


大木康弘
本日は商品高、株高、ドル円は105円44銭昨日より41銭の
ドル高円安、依然 株中心に強い展開が続いており、過剰流動性
の波乱な展開となっています、上下振れていますので気お付けたい
ところです。


貴金属 昨晩NYはプレジデントデーで休場、国内は金、銀上昇
   白金はこのところの流れから急伸となっています。
   金は長期金利上昇などもあり頭重たい展開、一目均衡表
   雲の下限、基準線で上値抵抗にあっています、レンジ内の
   動き、白金は株高もあり急伸 説明のつけられない動き
   となっており、値段が動いているので利を取れそうな気がする
   が、波乱な展開であり、なかなか利益をとるのは難しい
   ところではないでしょうか、 様子見無難。


穀物  昨晩シカゴ休場、国内コーンは本日新甫発会、円安と
   シカゴ夜間取引上昇もありしっかりの展開、しばらく
   レンジ形成逆張り的な動きになりそうです。


                        近藤
2021-02-15 07:47:28


今日は株小動き、商品高。
今週は月曜日はプレジデントデーで米国休場、
木曜日から中国旧正月明け。


相場の流れ変わらず、
堅調な株式、商品相場、
その中で緩やかに下げる金相場。
明確な変化が出るまでは
このままの流れが続くものだと考えておきたい。


大木康弘
本日は商品まちまち、株は上昇、ドル円は104円55銭
昨日よりは34銭の円高ドル安となっています。 バイデン
政権の追加経済策が成立する見通しとなり、商品、株、仮想通貨
など上昇傾向、それと同時に上昇過剰感、バブル論などがでてきて
おり波乱な展開となっています、国内明日は休場です。


貴金属  昨晩NYは金、白金上昇、銀下落 ドル安もあり金上昇
    株高もあり白金上昇となっています、金、銀はレンジ内
    の動き、白金は新高値更新ですがテクニカル的には
    買われ過ぎの状況になっています、国内 金、銀下落
    白金上昇 国内も金、銀はレンジ内の動き 白金は新高値
    更新テクニカル的には買われ過ぎに入ってきています。
    金、銀は逆張り、白金は押し目買いの展開。

穀物  昨晩シカゴ コーン、小麦下落、大豆上昇 昨晩注目の
   米国農務省需給発表はコーン、大豆ともに在庫減となりました
   がコーンは事前予想よりも減少が少なく下落、大豆は事前
   予想より在庫減となり上昇となっています、大豆の在庫率は
   2.6%となり需給ひっ迫のレベルとなっています。国内
   下落、米国需給発表に失望で下落です、3月末からは米国
   の天候相場が控えており一方的な下げは考えにくいところ
   しばらくはレンジ相場形成するのではないでしょうか、突っ込み
   買い、噴値売り。

                          近藤

2021-02-12 07:54:29


今日は株商品小動き、金のみ安い。


株式は相変わらず下げ渋っているものの
ドル安修正局面の流れが続いている。
金相場は引き続き緩やかな下げ相場。


大木康弘
2021-02-10 07:56:56


今日は株小動き商品小安い。
明日から旧正月で中国休場。


金は引き続き緩やかな下げ相場。
今週はドル安の動きとなっているものの
戻り鈍い状態が続いている。
やはり上昇相場に復帰するにはかなり時間を要しそうだ。


大木康弘
本日は商品高、株高、ドル円は105円49銭先週末より
1銭の円高ドル安となっています、ほぼ全面高の展開、
米国 予算決議案を可決したことなどが好感されています。


貴金属  先週末NYは金、銀、白金上昇 金、銀は前日の
    下げに対して修正高、長期金利上昇もあり頭は
    抑えられる展開、白金は株高もあり上昇 レンジ
    上限近辺となっています、国内 金、銀、白金
    上昇 金、銀はNYと同じで このところの下げに対して
    修正高、一目均衡表 転換線で上値抵抗にあってます、
    白金は新高値更新、特別材料も無く動きにくい状況。

穀物   先週末シカゴ コーン、大豆、期近安、先高、小麦
    上昇 明日米国農務省の需給発表があり調整商い
    事前予想は コーン、大豆とも在庫下方修正予想と
    なっています。 国内 コーン 期近安、先高 
    明日の需給発表を見たいところ、逆張り的な動き
    突っ込み買い、噴値売り。

                      近藤
2021-02-08 08:06:59


今日は株商品小高い。
今週は木曜日から旧正月で中国休場。


金は引き続き緩やかな下げ相場。
なかなか大きく崩れそうで崩れない相場ではあるが、
時間を掛けて徐々に値位置を切り下げており、
上昇相場に復帰するにはまだまだ時間が掛りそうだ。


大木康弘
2021-02-05 07:55:35


今日は株高、商品小高く、金のみ安い。
今晩は米雇用統計。


なかなか調整局面入りしない株式市場。
まだまだ下げの気配が見えるまでは時間が掛かるかもしれない。
ドル高円安が続いており金相場は下げ相場。
NY金は1800ドル割れ、
下げ相場入りして5か月経過しているがこれも長引きそうな形。
引き続き株式の本格的な調整を待ちたい。


大木康弘
本日は商品まちまち、株は下落、ドル円は105円13銭昨日より
14銭のドル高円安となっています。特に材料も無く 明日の米国
雇用統計待ちとなっています。

貴金属  昨晩NYは金、銀、白金上昇 材料なく小動き、明日の
    雇用統計待ちとなっています、チャートは3品とも同値圏
    の動きです。 国内 金、銀、白金下落 
    3品とも同値圏の動き、方向性に欠ける動きとなっています。

穀物  昨晩シカゴ コーン、大豆、小麦上昇、大口成約があった
   こと、週末の輸出成約高が増加すつとの見方、来週米農務省
   需給発表が強気の予想になっていることなどでコーン、大豆
   上昇となっています、3品とも同値圏の動きとなっています。
    国内 コーン上昇 突っ込み買い、噴値売り。

                         近藤
2021-02-04 07:53:00


今日は株商品共に小動き。


ADP雇用統計は予想より良い内容、
市場への影響は薄く足踏み状態。
金相場は頭重く緩やかな下げ相場。
引き続き株式の本格的な調整を待ちたい。


大木康弘
本日は商品まちまち、株は上昇、ドル円は104円99銭
昨日より3銭のドル高円安となっています。米国10年債
金利上昇でドル高の流れとなっています。


貴金属  昨日NYは金、白金下落、銀は急落となっています
    長期金利上昇、銀市場からの個人投資家撤退もあり
    貴金属は下落となっています。3品とも同値圏の動き。
     国内 金、銀、白金下落 3品とも同値圏の動き
    方向性に欠ける展開。

穀物   昨晩シカゴ コーンまちまち、大豆、小麦下落
    特別材料もなく最近の高値から修正安。
     国内  コーン下落 レンジ内逆張り的な動き
    となっています、突っ込み買い、噴値売り。

                        近藤
2021-02-03 07:52:55


今日は株高商品安。
今晩はADP雇用統計。


今週に入り株式は調整局面入りせず、
しっかりした足取りとなっている。
その一方で商品相場は足踏み状態、
金相場は頭重く緩やかな下げ相場から脱していない。
引き続き株式の本格的な調整を待ちたい。


大木康弘
本日は商品まちまち、株は上昇、ドル円は104円96銭
昨日より31銭のドル高円安となっています。 
昨晩もSNSの影響で銀は急伸となっています。


貴金属  昨晩NYは金、白金上昇、銀はSNSの影響で
    個人投資家の買いで急伸となっています。
    金、白金は保合い、銀は新値更新となっています。
     国内 金下落、銀まちまち、白金上昇、白金は
    本日順張りチャート買転換 先日の売り転換は
    だましとなっています、NYでSNSでの問いかけで
    個人投資家が買い上がっており、不安定な状況
    様子見無難。

穀物  昨晩シカゴ コーン上昇、大豆、小麦下落 ブラジル
   降雨で収穫遅れなどがでていてコーン上昇、大豆、小麦
   も高値もありましたが昨日の上げに対して修正安となって
   います。 国内 コーン下落 昨日の上げに対して修正安
   しばらく逆張り的な動きとなりそうです。


                         近藤
本日は商品高、株高、ドル円は104円65銭先週末より
19銭のドル高円安となっています、週末はNYダウは急落
SNS「レデイット」上であおられ、ゲームストップの株価
が乱高下、警戒から手仕舞い先行でNYダウは下げとなっています
銀もネット上であおられており、急伸となっている状況。



貴金属  先週末NYは‌金、銀、白金上昇 株価下落なども
    あり金中心にしっかり、銀はSNSであおられた影響も
    あり急伸となっています。金は一目均衡表 雲の中から
    上抜け、基準線近辺、白金はレンジ内、銀は上抜け
    となっています。国内 金、銀、白金上昇 金は
    順張りチャート買い転換、白金レンジ内、銀は急伸
    明らかにNYの株などに怪しい動きがでてきており、
    警戒が必要か、様子見。

穀物  先週末シカゴ コーン、大豆、小麦上昇 大口成約
   やブラジル物流の労働ストライキに入るとの報道もあり
   上昇となっています、 コーンは新高値更新、大豆
   小麦はレンジ内の動き。国内 コーン上昇 レンジ内
   の動き、突っ込み買い、噴値売り。

                        近藤
2021-02-01 07:24:23


今日は株安商品高。
金曜日に米雇用統計。


株式、商品共に乱高下。
特に1日下げ傾向にあった株式と違い、
商品は急上昇からの急落、
全般小高く終わったものの
ほとんどの商品が上髭引いた形となった。


引き続きしっかりとした株式市場の
調整局面を待つこととしたい。


大木康弘
2021-01-29 07:48:58


今日は株商品共に高い。


株式市場は昨日の下げから一転、
今日はしっかり戻す展開。
ここで下げ続けなければ調整局面入りとならず、
今までと状況は何も変わらない。
株式市場がきっちりと調整局面を迎えるまでは
買い方向の仕掛けは見送ることとしたい。


大木康弘
本日は商品下落、株も下落、ドル円は104円28銭昨日より
56銭のドル高円安となっています、NYダウは高値警戒感から
急落となっています。


貴金属  昨晩NYは金、銀、白金下落 FOMCも特別材料に
    ならず、最近の流れのまま金中心に頭重たい
    展開、ここにきて株バブル説がでてきており、
    貴金属も換金売りなど警戒が必要か、金、銀はもみ合い
    白金は一時レンジ下抜けとなっています。国内 金
    白金下落、銀はまちまち、白金は順張りチャート売り
    転換となった、チャートは金、銀もみあい、白金は
    一目均衡表 基準線で下値抵抗にあっています、
    レンジ内ではありますが金中心に頭重たい展開、白金
    は戻り売りに転換となっています。


穀物  昨晩シカゴ 昨晩シカゴ コーンまちまち、大豆上昇
   小麦下落となっています。コーン、大豆は高値警戒感から
   下落、コーンは一時高値更新ではありましたが、3品とも
   最近のレンジ内の動きとなっています、国内コーン下落
   レンジ内の動き、しばらく逆張り的な動きでレンジ形成
   してくるのはないでしょうか、突っ込み買い、噴値売り。

                         近藤
2021-01-28 07:50:15


今日は株安商品小安い。


FOMCの影響は薄かったものの、
今日は久しぶりにリスク回避、株安の展開。


とはいえ1日下げた程度では何も変わらず、
株式市場がきっちりと調整局面を迎えるまでは
買い方向の仕掛けは見送ることとしたい。


大木康弘
2021-01-27 07:50:05


今日は株商品共に小動き。
今晩は米FOMC。


相場は全体的に膠着状態。
株式市場が調整しない限り、
引き続き様子見。


大木康弘
本日は商品まちまち、株は下落、ドル円は103円72銭
昨日より4銭のドル高円安となっています。やや材料難
全体的に方向性欠ける動きとなっています。


貴金属  昨晩NYは金、銀、白金下落 ドル高、長期金利低下
    など強弱材料あるなか小幅安となっています、方向性
    に欠ける動き、国内 金、銀まちまち、白金下落
    方向性に欠ける動き、材料待ち。

穀物  昨晩シカゴはコーン、大豆、小麦上昇、米国輸出好調
   3品とも昨日の下げに対して修正高、安値は拾われたイメージ。
    国内コーン上昇 昨日の下げに対して修正高、しばらく
   レンジ形成してくる動きか、目先逆張り的なうごきに
   なりそうです。


                       近藤
   
本日は商品安、株は上昇、ドル円は103円70銭先週末より
34銭のドル高円安となっています。 特別材料も無く市場
全体的には方向性に欠く動きとなっています、今週はFOMC
があります。


貴金属  先週末NYは金、銀、白金下落 ドル堅調で金中心に
    頭重たい展開、3品とも同値圏の動きで方向性に欠ける
    展開、国内 金、銀、白金下落 国内も方向性に欠ける
    展開となっています。

穀物  先週末シカゴ コーン、大豆、小麦急落 アルゼンチン
   降雨予報で3品とも下落、大豆の大口成約、米国 週間
   輸出成約高も好調でしたが下落となっています。
   大豆は一目均衡表 基準線で下値抵抗にあっています、コーン
   は転換線 下抜け、 国内 コーン下落、大豆変わらず
   コーンは半値押し近辺、この辺で下げ止まれるかどうか
   買い場をさがしたい。

                        近
2021-01-25 07:43:00


今日は株商品共に安い。
今週は水曜日にFOMC、
木曜日に米GDP。


金は下げ相場の中の戻りの時間帯。
下げ幅の半値戻しは6272円。
現状は下げ相場の域を出ていないため戻りの時間帯。
株式が調整しない限り、引き続き様子見としたい。


大木康弘
2021-01-22 07:52:23


今日は株商品共に小動き。


真新しい内容のない中で、
コロナ感染への警戒感、
金融緩和によるリスク選好の綱引き。
株式が調整しない限り、
本格的に強気で臨むことは難しい。


金は下げ相場の中の戻りの時間帯。
下げ幅の半値戻しは6272円。
現状は下げ相場の域を出ていないため、
引き続き戻りの時間の状態と捉えたい。


大木康弘
本日は商品まちまち、株は上昇、ドル円は103円36銭
昨日より36銭の円高ドル安、BOC金利据え置きなどもあり
ドル安の展開となっています。


貴金属 昨晩NYは金、銀、白金上昇 ドル安もあり金中心に
   しっかりの展開、同値圏の動き方向性に欠ける展開
    国内 金、銀、白金上昇 同値圏の動き 方向性に    
   欠ける展開です。

穀物  昨晩シカゴ コーン、大豆、小麦下落 南米産地
   降雨で作柄改善の連想、収穫時期にも入ってきており
   コーン、大豆下落となっています、大豆は一目均衡表
   転換線チャート下抜けとなっています。国内 コーン
   下落大豆変わらず 国内コーンも一目均衡表転換線
   下抜け 目先天井の可能性もでていました、3月には
   米国の作付け時期も控えておりどんどん下がるものでも
   ないと思いますが、夏場からずっと買い方針できましたが
   ここで手持ちはイーブンとしたい、しばらく逆張り的な
   展開になるのではないでしょうか。

                        近藤
2021-01-21 07:50:50

今日は株高、商品小安く金のみ高い。
今晩はECB政策金利。


金は下げ相場の中の戻りの時間帯。
下げ幅の半値戻しは6272円。
今年に入ってドル安への調整が続いていたが、
大きな流れはドル安で変化ないため、
金相場の上昇相場への回帰は自然な流れではある。
ただし現状は下げ相場の域を出ていないため、
引き続き戻りの時間の状態と捉えたい。


大木康弘
本日は商品高、株安 ドル円は103円74銭昨日より
24銭の円高ドル安となっています。 昨晩はイエレン次期
財務長官の公聴会がありましたが、特別な内容はなくマーケット
は反応なしとなっています、今晩はバイデン大統領の就任式
があります。



貴金属  昨晩NYは金、銀、白金上昇 休み明けでしたが
    ドル安の流れで金中心にややしっかり、チャートは
    金、銀横這い、白金はレンジ内の動きとなっています。
     国内 金、銀上昇、白金まちまち 3品とももみ合い
    で方向性に欠ける展開。


穀物   昨晩シカゴはコーン、大豆、小麦下落 南米産地で
    降雨となり、作柄改善の連想がから下落となっています。
    チャートはコーンもみ合い、大豆は調整安の範疇。
     国内 コーンまちまち、大豆変わらず コーンはもみ合い
    押し目買い方針。


                         近藤

商品先物取引に関する注意事項勧誘方針個人情報保護方針お客様相談窓口