BULLBULL BEARBEARは商品先物のページです
サイト内検索
フジフューチャーズ

本日の相場観

2020-11-20 07:48:21


今日は株商品共に小高い。


東京金は4か月ぶりの終値安値。
ただしNY金は1850ドルを維持しており、
完全に下放れた形には至っていない。
チャートの形は悪化傾向にあり、
明確にNY金1850ドル割れが出るようであれば
大きく崩れる可能性が出てくる。
東京金であれば6000円割れも視野に入るため警戒しておきたい。


大木康弘
本日は商品まちまち、株は下落 ドル円は103円76銭
昨日より23銭の円高ドル安となっています。 特別
材料も無くコロナウイルスのワクチンのニュースも
一服してか株の調整となっています。


貴金属  昨晩NYは金、銀下落、白金上昇 金、銀は
    コロナウイルスワクチンの開発がすすんでいる
    ことなどで下落、白金は国際調査機関の工場、
    鉱山の操業停止などで供給不足になるとの報道も
    あり上昇となっています、金、銀はもみ合い 金は
    レンジ下限、白金は新高値更新となっています。
     国内金、銀下落 白金上昇 金は今月の大陰線下
    抜けでもう一段下もありえるところ戻り売り有利
    白金は新高値更新押し目買いの流れ。


穀物  昨晩シカゴコーン、大豆、小麦 上昇 コーンは大口
   成約などあり上昇、大豆は大豆油輸出好調など在庫減で
   しっかり、大豆が穀物を引っ張る展開です、コーン、大豆
   は新高値更新。国内 円高もありコーンまちまち、大豆
   変わらず、コーン押し目買い方針変わらず。

                         近藤
2020-11-19 07:40:10


今日は株安商品小動き。


商品相場は全体的に頭重い展開が続いている。
金相場は引き続き1850ドル近辺、
又は安値6245円を維持できるかどうか。
目先は下値模索の展開となっており、
上昇相場に転換するには日柄か大きな下げが必要。


明確にNY金1850ドル割れが出るようであれば
大きく崩れる可能性が出てくる。
東京金であれば6000円割れも視野に入るため警戒しておきたい。


大木康弘
本日は商品まちまち、株は下落、ドル円は103円99銭
昨日より51銭のドル安円高となっています、本日は
特に材料もなく、昨日まで上昇の株も下落、ドル円
はも103円台となっています。

貴金属  昨晩NYは金、銀下落、白金は上昇となっています
    昨日からの流れで、ワクチン開発が進んでいること
    米国大統領もバイデン氏でほぼ決まりそうなことで
    金、銀は頭重たい展開となっています。金、銀は
    もみ合い、白金は新高値更新、一目均衡表 雲の中から
    上にでてきました。 国内 金、銀下落 白金小幅高
    金は本日順張りチャート売り転換 白金は新高値更新
    ワクチン開発の進展、さらにワクチン開発してる会社
    も多くあり、金は戻り売りの流れ。

穀物  昨晩シカゴ コーン、大豆上昇、小麦下落、南米は
   降雨で乾燥懸念後退ですが、米国産コーン、大豆輸出好調
   で特に大豆の在庫率がかなり減少しており、大豆新高値
   更新で穀物全体引っ張る感じになっています。国内円高で
   コーン下落、大豆変わらず、コーン押し目買い方針継続。


                        近藤
2020-11-18 07:22:37


今日は株商品共に小安い。


ワクチン開発によるリスク選好も一服、
株式は上昇相場にあるものの、
商品相場は上値重く下げ傾向にある。


チャートの形から株式は金やゴムのような急落する可能性も高く、
商品相場も一時的に巻き込まれる場所がありそうだ。


金相場は引き続き1850ドル近辺、
又は9月安値6245円を維持できるかどうか。
目先は下値模索の展開となっており、
上昇相場に転換するには日柄か大きな下げが必要。


大木康弘
本日は商品まちまち、株は上昇、ドル円は104円50銭
昨日より8銭のドル安円高となっています。米製薬企業
モデルナがコロナウイルス ワクチンの最終治験で94.5%
有効確認されたとのニュースで原油、株は上昇となって
います。

貴金属  昨晩NYは金、銀小幅高、白金上昇、米製薬企業
    米製薬企業モデルナがコロナウイルスワクチンの
    最終治験で94.5%有効確認されたとのニュースで
    金、銀は高値からだれる展開、白金は上昇となって
    います。白金はレンジ上抜け、一目均衡表 雲の上限
    では上値抵抗にあっています、金、銀はもみ合い。
     国内は金、銀下落、白金上昇 国内も白金レンジ
    上抜け、金、銀はもみ合いとなっています、逆張り

穀物   昨晩シカゴ コーン、大豆、小麦 上昇、南米では
    降雨となったものの、モデルナのワクチンの最終治験
    で94.5%有効確認されたとのニュースが好感され
    3品とも上昇となっています。国内 コーン上昇、
    大豆変わらず、コーン押し目買い方針継続。


                        近藤
本日は商品まちまち、株は上昇、ドル円は104円58銭
先週末より29銭のドル安円高となっています。
株は、米議会 上院 共和党、下院 民主党とねじれ
議会となりそうで、バイデン氏の言う増税案は通らない
との見方などで上昇となっています。

貴金属  先週末NY 金、銀、白金上昇 先週はファイザー社
    のワクチン臨床試験90%の効果が確認されたとの
    ニュースで下落となりましたが、下がってからは
    もみ合いとなっています、国内 金、銀、白金小幅高
    逆張り的な動き。

穀物  先週末シカゴ コーン、大豆、小麦上昇 先週の強い
   米国農務省の需給発表と、南米作柄悪化懸念でしっかり
    国内 コーン上昇、大豆変わらず コーン押し目買い
   方針。

                       近藤

2020-11-16 07:14:13


今日は株商品小高い。


先週はワクチン開発報道でリスク選好となった週前半、
少し落ち着いて足踏みとなった週後半、
リスク選好の動きがどこまで続くかといったところ。


金相場は引き続き1850ドル近辺、
又は9月安値6245円を維持できるかどうか。
上昇相場に転換するには日柄か大きな下げが必要。
年末までは買い仕掛けは慎重に臨みたい。


大木康弘
2020-11-13 07:23:11


今日は株安商品高。


昨日に続き急激な上昇に対する調整となっている。
金相場は引き続き1850ドル近辺、
又は9月安値6245円を維持できるかどうか。
ワクチン開発に関するニュースの影響も一服といったところ。


ドル安円高の流れに調整が続いており、
引き続き金相場も調整の時間帯と考えたい。


大木康弘
本日は商品まちまち、株は上昇、ドル円は105円21銭
昨日と変わらずとなっています。昨晩は特に材料もなく
国内の株などはファイザー社のワクチンの材料の余韻で
上がっているような感じです。


貴金属  昨晩NYは金、銀、白金 下落 昨日で修正高は
    おわり、長期金利上昇、ファイザー社のワクチン
    が臨床試験で90%の効果が確認されたことで頭
    重たい展開、又他社もワクチンを開発しており
    治験でよい内容が出れば貴金属には売りの材料に
    なりそうだ、チャートは3品とも昨日と同値圏の
    動き、国内 金、銀、白金下落 チャートは3品とも
    もみ合い逆張り。

穀物  昨晩シカゴ コーン、小麦下落、大豆上昇 大豆は
   前日の強い需給発表の流れで上昇、コーンは昨日新高値
   をとったことで買い方利食いの下げとなっています。
    国内 コーン上昇、大豆変わらず、コーンは期近高の
   逆ザヤになってきて買い方有利な展開、先物は一時新高値
   更新となっています、ブラジルも米国産穀物を買ってきている
   ような話もあり、押し目買い継続。


                        近藤

2020-11-12 07:26:14


今日は株小安く商品小安い。


今日は全体的に上昇一服足踏みの展開。
金相場のチャートは悪化しており、
1850ドル近辺、又は9月安値6245円を維持できるかどうか。
そこを下抜けた場合の目標値段が分かりにくい形となっており、
6000円割れの可能性も出てくる。
ここで下げ止まるにしても突発的要因がない限り、
すぐに上昇相場となるような形となっておらず、
買い仕掛けはじっくり待つ必要がありそうだ。


大木康弘
本日は商品上昇、株も上昇、ドル円105円21銭昨日より
26銭のドル高、円安となっています。昨日の流れでドル高
長期金利上昇、原油高、株高となってます、大統領選前
の予想がはずれた筋の巻き戻しとなっているようです。


貴金属  昨晩NYは金、銀、白金上昇、前日の急落に対して
    修正高となっています、国内 円安もあり金、銀、
    白金小幅高、昨日の下落に対して修正高 レンジ内
    逆張りの動きとなっています。

穀物  昨晩シカゴ コーン、大豆、小麦 急伸 注目の農務省
   需給発表はコーン、大豆とも生産、在庫 下方修正となり
   3品とも2桁高の急伸となっています、コーン、大豆は新高値
   更新。国内 円安もあり コーン上昇、国内は前回高値
   近辺、上抜けできるかどうか言ったところ、シカゴが上抜け
   しているだけに国内も新高値の可能性があるのではないで
   しょうか、コーン押し目買い方針。

                         近藤
2020-11-11 07:23:23


今日は株高、商品小高い。


今日もファイザーのワクチンへの期待から株高の展開。
商品市場ではこれまで下げ続けてきた原油が反発、
一方で金は頭重い展開となってきている。


ドル高円安、株高金安、
急激な動きではあるが目先の流れは出てきたと見るべきか。
まずはこの流れがどこまで続くか、
一過性の動きではない可能性も想定しておきたい。


大木康弘
本日は商品まちまち、株は上昇、ドル円は104円95銭
昨日より1円42銭のドル高円安となっています、ファイザー社
がコロナワクチン の治験で90%以上の感染予防効果が
あったとのニュースで市場は巻き戻しの動きとなり、ドル急伸
NYダウ急伸、原油急伸、長期金利上昇 金急落となっています。


貴金属  昨晩NYは金、銀、白金急落 ファイザー社
   がコロナワクチン の治験で90%以上の感染予防効果が
   あったとのニュースでドル高、長期金利上昇で3品とも
   下落となっています。3品ともレンジ上限から一気に
   レンジ下限へ急落となっています、国内 金、銀、白金
   下落 国内もレンジ上限から下限に下落となっています、
   米国政権も不安定であり仕掛け難。

穀物  昨晩シカゴ コーン、大豆上昇、小麦下落 南米乾燥懸念
   輸出好調でコーン、大豆は上昇 コーン同値圏、大豆は新値
   更新、今晩米国 農務省需給発表です、国内 円安もあり
   コーン上昇、大豆変わらず コーン押し目買い方針。

                         近藤

本日は商品高、穀物安 株は上昇 ドル円は103円53銭
先週末と変わらずとなっています。週末大統領選で
トランプ大統領は法廷闘争の構えを崩さないものの
バイデン氏が当選確実となり市場はバイデン大統領 
新政権へ向けての動きとなっています、下院では民主党
が過半数維持、上院では共和党が過半数維持する見通しと
なっていることで、ねじれ議会となり、バイデン氏の
増税案は通らないとの見方で株は上昇となっています。

貴金属  先週末NYは金、銀上昇 白金小幅安 金、銀は
    もみ合い上抜け 一目均衡表 雲上限では上値抵抗に
    合っています、白金はレンジ内上限、一目均衡表 
    雲の下から中に入ってきました。国内 金、銀、白金
    上昇 金、銀はレンジ上限、白金はレンジ上限
    一目均衡表 雲下限で上値抵抗に合っています、
    3品とも転換の早いの順張りチャートは買い転換
    となっています、仕掛け難。

穀物  先週末 シカゴ コーン、大豆、小麦下落 米国産地
   乾燥懸念が後退して小麦下落、コーン、大豆は大口成約
   もあったものの利食い先行で小麦に連れ安となっています
   明日は米農務省 需給発表、コーン、大豆は事前予想では
   在庫減の予想となっています、国内 コーン下落、大豆
   変わらず、コーン押し目買い方針。

                         近藤

2020-11-09 07:39:12


今日は株小安く商品小動き。


米雇用統計は予想よりも良い内容。
反応は薄く株や為替に比べて
商品相場は方向性薄い展開が続いている。


大統領選はバイデン氏が勝利を確実となり、
市場はどういう反応を見せてくるのか。
原油を筆頭に商品相場は全体的に頭重い展開となっており、
変化なければ調整期間が続くと想定しておきたい。


大木康弘
2020-11-06 07:24:37


今日は株高商品高。
今晩は米雇用統計。


大統領選の乱高下も落ち着き、
全体的にリスク選好の展開となってきている。
このまますんなり上昇相場の流れに繋がっていくのかどうか。


世界的に金融緩和の動きであり、
金相場の大きな流れは上向きであることに変化はない。
問題はどこまで調整局面が続くかということだけであり、
今日は大幅上昇であるが未だ不透明な値位置となっている。


大木康弘
本日は商品まちまち、株は上昇、ドル円は104円29銭
昨日より65銭のドル安円高となっています、大統領選
はもつれており、郵便投票の集計が始まると バイデン
優勢となっています、郵便投票は不正があるとトランプ陣営
は法廷闘争へ持ち込む向きっもあり、大統領選出に時間が
かかりそうです、ただ上院で共和党が過半数を維持する
ことが高まったことで市場は好感され株高となっています。


貴金属  昨晩NYは金、銀、白金下落 長期金利低下など
    上げ材料もありましたが、大統領選決着つかず
    昨日までの上げに対して修正安、レンジ内もみ合い
    で方向性に欠ける展開、国内 金、銀まちまち、白金
    は小幅高 依然方向性に欠ける展開 逆張り。

穀物  昨晩シカゴ コーン、大豆、上昇、小麦下落 コーン、
   大豆は原油が上昇したこと、引き続き 南米の乾燥懸念
   で上昇となっています。チャートはコーン、大豆下値を
   固めて上昇に転じてきています。 国内 コーン上昇
   大豆変わらず、コーン押し目完了かと言ったところ
   押し目買い方針継続。

                       近藤
2020-11-05 07:30:41


今日は株高商品小動き。
今晩は米FOMC。


混迷する大統領選の結果を巡って一喜一憂の展開。
商品相場は比較的おとなしい動きとなっており、
今のところ方向性に変化は見受けられない。


例年通りの傾向からすれば
年末に向けた調整場面は買い狙いが有効であるが、
相場が持ち直すにはもう少し時間の掛かる形になっており、
もう少し日柄経過を待つこととしたい。


大木康弘
本日は商品高 ゴムは急落、株は上昇、ドル円は104円94銭
月曜日から22銭のドル高、円安となっています、原油、株は
修正高、先週の価格帯に戻っています、注目の米国 大統領選
はまだ結果は出ていませんがトランプ大統領 有利な展開となって
います。トランプ勝利であればマーケットは大きな反応はないんでは
ないでしょうか。


貴金属  昨晩NYは金、銀、白金上昇、大統領選への不透明感
    コロナウイルス拡大もあり 金中心にしっかりの展開
    3品共レンジ内小動きとなっています、国内 円安も
    あり、金、白金上昇 銀は小動き 3品共同値圏の動き
    で方向性に欠ける展開、様子見

穀物  昨晩シカゴ コーン、大豆、小麦上昇 ドル安、株高
   もあり穀物も連動して上昇となっています。 チャート的
   には3品とも下げ止まったかどうかと言ったところ。
    国内 円安もあり コーン上昇、大豆変わらず 押し目
   買い方針、安値をゆっくり拾っていきたいところです。

                         近藤
2020-11-04 07:43:30


今日は株高商品高。


今日はアメリカ大統領選開票。
大きな変動になるだろうが方向は不明。
丁半博打を打つ理由もなく予想しても無駄であるため、
結果後の動きを見て考えることとしたい


大木康弘
本日は商品まちまち、株は上昇、ドル円は104円68銭
先週末より50銭のドル高円安となっています。国内
明日は休場 休み明けは米国大統領選の投開票となります
トランプ、バイデンどちらが勝利するか、あるいは
ごたごたで決まらないか、上院、下院はどうなるか
波乱が予想されるところです。


貴金属  先週末NYは金、銀上昇、白金小幅安 3品とも
    大統領選控へて同値圏の動き調整商い 国内
    円安もあり金、銀、白金上昇 3品とも同値圏の
    動き 大統領選 結果しだいの展開、様子見無難。

穀物  先週末 シカゴ コーン小幅高、大豆上昇、小麦安
   大豆大口成約もあり上昇、コーンは連れ高、となって
   いまコーン、大豆は一目均衡表 基準線で下値抵抗に
   あっています。国内 コーン下落、大豆変わらず、
   コーン押し目買い方針、安値はゆっくり拾っていきたい
   ところ。


                        近藤
2020-11-02 07:33:23


今日は株安商品高。
今週は火曜日日本休場、水曜日に米大統領選結果、
木曜日に米FOMC、金曜日に米雇用統計。


今週は大統領選含め材料多く乱高下となる可能性が高い。
大統領選に向けて調整局面を続けてきた相場だが、
ここで相場の流れに変化が出てくるかどうか。


どちらが勝つにせよ世界的な金融緩和傾向は変わらず、
年末までにどこで何を買うかという考え方で臨みたい。


大木康弘
2020-10-30 07:40:55


今日は株小高く商品安。


米GDPは予想よりも良い結果。
さすがに3日で1700ドル近い下げとなったため
今日のNY株は下げ一服の動きとなった。


ECB理事会ではラガルド総裁が
「ECBが12月に行動することにほぼ疑いない」と述べ
追加緩和を示唆するものだった。
世界的に緩和傾向は継続、
今回の下げは大きく見れば調整の範疇となりそうだ。


大木康弘
本日商品安、株安。ドル円は104円38銭昨日より10銭の
ドル高、円安となっています、コロナウイルス拡大、
大統領選が不透明なことからNYダウは急落、原油、貴金属
も手仕舞い先行で全面安となっています。


貴金属 昨晩NYは金、銀、白金下落 コロナウイルス拡大
   で欧州でロックダウンしてる都市もあり、ユーロ安
   株安で貴金属も換金売り手仕舞い先行となっています。
   金、銀はチャート下抜けでもう一段下もあり得るところ
   白金はレンジ内下限となっています、国内 金、銀、
   白金下落 3品とももみ合い下抜け大きな見方ではレンジ
   ないですが、もう一段下もありえるところ。

穀物  昨晩シカゴ コーン、大豆、小麦下落 NYダウ、原油
   急落で穀物も利食い先行で下落 国内 コーン下落、大豆
   変わらず、コーン押し目買い方針。

                         近藤
2020-10-29 07:27:16


今日は株大幅安商品安。


今日のNYダウは大幅安。
米追加経済対策は難航、
コロナ感染拡大、
大統領選前ということもあり、
これまで上昇してきた相場は軒並み調整局面入りしている。


世界的に金融緩和の動きであるため、
悲観的な動きが広がり下げ相場に転じたとしても、
いずれは再び上昇する形に繋がっていくと考えている。
ただし今回の下げが大きくなる可能性が出てきているため、
仕掛けはゆっくり待つ必要がありそうだ。


大木康弘
本日は商品まちまち、ゴムは急伸、株は下落、ドル円は
104円24銭 昨日より50銭のドル安、円高となって
います。欧米コロナウイルス拡大 経済先行き不透明で
安全の円買いとなっているようです。 ゴムは本日
国内、上海ともにストップ高となっています。


貴金属  昨晩NYは金、銀、白金上昇 ドル安で貴金属
    しっかり3品ともチャートはもみ合い方向性に
    欠ける動き、大統領選まで不透明要因多く様子見
    が続いています。国内 円高もあり金下落、銀、
    白金まちまちとなっています、国内も方向性に欠ける
    動き、逆張り。

穀物  昨晩シカゴ コーン、大豆、小麦下落 3品とも
   高値警戒感からの調整安 コーン、大豆は一時新高値
   更新となっています。 国内 コーンまちまち、大豆
   変わらず、コーン押し目買い継続。


                      近藤
2020-10-28 07:15:21


今日は株商品共に小安い。


米追加経済対策は難航、
コロナ感染拡大、
結果がもつれそうな大統領選、
全体的に不安要素が多く頭重い展開。


今日は貴金属新甫発会。
大統領選絡みで大きく崩れる可能性を警戒したい。


大木康弘
本日は商品まちまち、株は小幅安、ドル円は104円75銭
昨日より13銭のドル安円高となっています、欧州コロナ
拡大、米景気支援策協議の不透明もありNY株は急落
となっています。


貴金属  昨晩NYは金小幅高、銀、白金下落 依然強弱
    材料があり3品とももみ合いが続いています、
    国内 金上昇、銀まちまち、白金小幅安 
    方向性に欠ける動き 逆張り。

穀物  昨晩シカゴ コーン、小麦下落、大豆上昇 大豆は
   大口成約があったこと、週間輸出検証高 好調で上昇
   コーンは週間輸出高 弱気な内容で小幅安となっています
   大豆は新高値更新、コーン、小麦は昨日と同値圏の動き
    国内 コーンまちまち、大豆変わらず コーン先物は
   新高値更新となっています、押し目買い継続。


                       近藤
本日は商品まちまち、ゴムは本日も急伸、株は下落ドル円は
104円88 先週末より19銭のドル高円安となっています、
ゴムは現地タイ市場なども急伸で現物不足が解消されてない
模様、糸の切れた凧のような状態となっています、他の銘柄は
米国 大統領選控へて逆張り的な動き、ややバイデン有利の
シナリオの動きとなっています。


貴金属  先週末NYは金、白金上昇、銀下落となっています
    大統領選控へて逆張り的な動きが続いています、
     国内 金、銀下落、白金小幅上昇 3品とも
    もみ合いチャートは横ばいですが、金の早目の順張り
    チャートは売り転換となっています。 逆張り

穀物  先週末シカゴはコーン、大豆、小麦 上昇、南米乾燥
   による作付け遅れ、作付け悪化懸念、米国輸出好調も
   あり3品とも上昇 コーン、大豆は新高値更新。
    国内 コーン上昇、大豆変わらず コーン押し目買い
   方針継続


                                                                                 近藤

商品先物取引に関する注意事項勧誘方針個人情報保護方針お客様相談窓口