BULLBULL BEARBEARは商品先物のページです
サイト内検索
フジフューチャーズ

本日の相場観

本日は商品まちまち、株は上昇、ドル円は111円58銭 先週末より
10銭の円高となっています。 相場全体的に膠着状態 方向性に
欠ける動きとなっています。

貴金属  先週末NYは金、銀、白金上昇 北朝鮮が米国との非核化協議
    の停止を検討している報道などで 金中心にしっかりの展開 
    チャート的には前日の下げに対しての修正高の範疇、レンジ内
    もみ合いと言った感じになっています。国内 金、銀、白金
    小幅下落、3品ともチャートはもみ合いとなっています。
    大勢押し目買い方針ですが、前回安値位までは引き付けたい
    ところではないでしょうか。

穀物  先週末 コーン、大豆、小麦上昇 米国産地 豪雪、降雨で洪水
    が発生していて輸送に障害がでているようです。小麦は売り方
    ファンドの買戻しで上昇、ただコーン、大豆もレンジ内の動きで
    上抜け出来るかどうかと言ったところです。 国内 コーン、
    大豆上昇 コーン押し目買い方針 国内ももみ合いを上抜け
    できるかどうかと言ったところです。 先週末 国内ファンド
    28枚売りの手口となっています。


                          近藤
2019-03-18 07:31:59


今日は株小高く商品小動き。
今週は水曜日にFOMC、パウエルFRB議長会見。


注目の英のEU離脱問題は
水曜までに離脱案採決目指す。
木曜日と金曜日はEU首脳会議。
英政府はこのEU首脳会議で延期を要請する予定。


国内はちょうど木曜日が春分の日で休み。
大きな変動に注意したいところ。


方針は変わらず金買い。
上昇相場の始まり、往来相場、下げ相場の戻り、
どれにも当てはまる状態であるため、
買い仕掛けは下げた場面のみとしたい。


大木康弘
2019-03-15 07:34:54


今日は株小動き商品小安い。
今日は日銀金融政策決定会合、
黒田日銀総裁会見、
中国全人代閉幕、李克強首相会見。


大方の予想通り離脱は延期、
やはり問題はEUとの交渉になってくる。
英政府は21、22日のEU首脳会議で延期を要請する。
来週もこの問題を警戒する必要がありそうだ。


あっさり1300ドルを割り込んできたのは気になるが、
方針は変わらず金買い。
上昇相場の始まり、往来相場、下げ相場の戻り、
どれにも当てはまる状態であるため、
買い仕掛けは下げた場面のみとしたい。


大木康弘
本日商品まちまち、株は小幅下落 ドル円は111円56銭 昨日と
比べて26銭の円安となっています。
 英国が合意なき離脱案を否決 これで明日未明 EU離脱
延期について採決となります、可決されるとの観測ですが、可決されても
他のEU加盟27カ国の了承が必要でまだ難しい局面が続きそうです。


貴金属 昨晩NYは金、銀、白金上昇 英国が合意なき離脱案を否決
    となったことで金中心にしっかりの展開、国内 金小幅上昇
    銀、白金小幅下落 金は0.382戻し近辺、白金は半値戻し
    近辺 大勢押し目買い方針で見ていますが、仕掛難 様子見

穀物  昨晩シカゴ コーン、大豆上昇、小麦下落 米中首脳会談の
   具体的な日程が決定との報道で大豆はしっかり、コーンは連れ高
   小麦は昨日の急伸の修正安となっています。 国内 円安もあり
   コーン上昇、大豆変わらず 昨日 国内ファンドは122枚の売り
   の手口となっています。


                          近藤
2019-03-14 07:31:05


今日は株商品共に小高い。
今日は中国小売売上高など経済指標、
英のEU離脱延期を巡る審議採決。


英の「合意なき離脱」に関する採決は321対278で否決。
今日はEUに対して離脱期限の延長を求めるかの採決。
その後6月30日まで離脱延期を求める計画という見方だが、
延期についてEU27か国が承認する必要がある。


大方の予想通り離脱は延期の形に落ち着きそうだが、
問題はEUとの交渉になってくる。
英政府は交渉期限を3月20日に設定する意向を示しており、
来週もこの問題を警戒する必要がある。


方針は変わらず金買い。


大木康弘
本日は商品まちまち、株は下落、ドル円は111円31銭 昨日より
1銭の円安、今朝未明 メイ首相の合意案が否決、明日未明は
〔合意なき離脱〕の採決、否決されれば明後日未明は〔離脱延期〕
の採決となります、離脱延期の可能性が高いとの見方が多いようです、
結果次第では波乱もありえるところです。


貴金属 昨晩NYは金、銀、白金上昇 米経済指数が悪かったこと
    英EU離脱問題でポンド、ユーロ乱高下 などもあり金
    中心にしっかりの展開 金は同値圏の動き、一目均衡表
    雲の中 雲上限で上値抵抗にあっています、1300ドル
    挟んでの展開、銀、白金も修正高の範疇、国内 金、銀
    白金上昇 3品とも修正高の範疇 金、白金は一目均衡表
    転換線で上値抵抗、銀は基準線で上値抵抗に合っています。
    押し目買い方針でしたが、下では買えずじまい、現在修正高
    の時間帯となっています、目先英EU離脱問題が気になる
    ところです、大勢押し目買い方針変わらずで仕掛け待ち。


穀物  昨晩シカゴ コーン、大豆、小麦上昇、小麦は2桁以上の
   急伸となっています、コーン、大豆は連れ高
    国内 コーン上昇、大豆変わらず コーン0.382押し
   からの上昇となっており、押し目買い方針継続でいきたい
   ところです。 天候相場期待 昨日 国内ファンドは94
   枚の売りの手口となってます。


                        近藤
2019-03-13 07:29:22


今日は株小安く商品小高い。


昨日の離脱協定案の採決では
賛成242、反対391の反対多数で否決した。
今後の予定では水曜日に「合意なき離脱」の是非を採決、
これも否決された場合、木曜日に離脱延期を巡る審議採決。
大方の予想通り離脱は延期の形に落ち着きそうではある。


NY金は下げ止まり反転、
1300ドルを維持出来るかかどうか。
東京金、NY金共にかい離も緩んでおり、
ここから上昇相場になれば高値更新も期待出来る状態。


方針は変わらず金買い。


大木康弘
本日は商品まちまち、株は上昇 ドル円は111円30銭 昨日より
23銭の円安となっています、昨晩 米国 経済指数が良かったこと
に加えて 日中 米中貿易に関して進展の報道がなされたことで
円安、株高などがすすむ展開となっています。


貴金属  昨晩NYは金、銀、白金下落 小売売上高が良かったことなどで
    株上昇もあり 金中心に売られる展開 金、銀は昨日の上げに対して
    修正安、白金は同値圏の動き、3品とも一目均衡表 雲の中で方向性
    欠ける展開、国内 金、銀まちまち、白金上昇 円安で下げ幅削る
    展開、金は同値圏の動き、銀、白金は修正高の範疇、金中心に押し目
    買い方針、もう一段の調整安を待ちたいところです。

穀物  昨晩シカゴ コーン、大豆、小麦 下落 小麦は依然米国 輸出低調で
   下落、大豆は米中首脳会談 4月にずれ込むとの報道もあり下落、コーンは
   連れ安となっています。 コーンはレンジ下限、大豆、小麦は新安値更新
   となっています。国内 コーンまちまち、大豆 変わらず 円安で下げ幅
   削る展開 コーンは0.382押し近辺 同値圏の動き 天候相場に向けて
   突っ込みは買い拾っていきたいところです。 昨日国内ファンドは128枚
   の売りの手口となっています。


                               近藤
本日は商品高、株高、ドル円は111円11銭 先週末より
4銭の円安となっています。 週末雇用統計は悪い内容
でしたが市場の反応は一時的となっています。先週の下げに
対して本日は修正高の動き、今晩 米 小売売上高の発表
があります。


貴金属 先週末NY金、銀、白金上昇 米雇用統計 悪い内容で
   金中心に買われる展開 先週の下げに対して修正高の範疇
    国内 金、銀、白金上昇 金は依然4600円近辺で
   抵抗、白金は0.618押し下抜けとなっています 南ア
   スト中止が失望売りとなったようです。 本日は3品とも
   上昇となっていますが、底入ったのか、ただの修正高なのか
   本日だけでは判断つかず、もう一段の調整安待ちのままで
   押し目買いを狙いたいところです。


穀物  先週末シカゴ コーン、大豆下落 小麦上昇 注目の
   農務省需給発表は コーン 需要減で在庫増、大豆は
   圧砕増で在庫減となっています。 ただ先週下落していた
   ため下げは限定的となっています。 国内 コーン、上昇
   大豆変わらず、シカゴ夜間取引高でコーンは上昇となって
   います、先週は調整安となりファンド買い玉投げもでて
   いました、チャート的には 0.382押し近辺 ここから
   天候相場に向かって押し目買い方針、先週末国内ファンドは
   119枚の売りとなっています。

                       近藤

2019-03-11 07:34:47


今日は株小安く商品まちまち。
今週は米国が冬時間から夏時間に移行、
火曜日に英議会離脱修正案採決、
修正案否決の場合、水曜日に「合意なき離脱」の是非を採決、
これも否決された場合、木曜日に離脱延期を巡る審議採決。


週末の雇用統計は予想よりも悪い結果、
先行きへの不安が募る結果となった。
今週は英のEU離脱を巡って乱高下となりそうだ。


NY金は1月往来した値位置で下げ止まり、
1300ドル超えを伺う形となっている。
止まるべき場所で止まったということで
方針は金買い仕掛け。


大木康弘
2019-03-08 07:22:10


今日は株安商品小動き。
今晩は米雇用統計。


株式含め全体的に調整局面継続。
相変わらずの一方通行の展開、
金相場、白金相場共に下値模索。
原油は上昇相場、
とうもろこしは頭打ち、下値探り始めそうな形。


東京金は週足転換線4618円、
NY金は1月中は1380ドル近辺で往来しており、
この辺りで下げ止まりとなるかどうか。


方針は様子見。
金が再び上昇する場面が出れば売り狙い。
逆にもう一段下げるか、
この辺りで下げ止まるならば買い仕掛けを考えてみたい。


大木康弘
本日は商品まちまち、株は下落 ドル円は111円68銭 
昨日から11銭の円高となっています、 中国景気減退や
全人代での財政政策を市場は物足りないとの判断で買い方
利食い先行で全体的に頭重たい展開となっています。
今晩 ECB,明日は米 雇用統計があります。


貴金属  昨晩NYは金上昇、銀、白金下落 金、銀は小動き
    金は一目均衡表 雲上限で下値抵抗、銀は一目均衡表
    雲の中 同値圏の動き、白金 株安などもあり 新安値
    更新となっています。 国内 金、銀、白金下落 
    金は4600円で抵抗同値圏の動き、白金は半値押し近辺
    大勢押し目買い方針ですが、連続の下げですので買いは
    まだまちたいところではないでしょうか、調整安待ち。

穀物  昨晩シカゴ コーン、大豆、小麦下落 ウクライナ、欧州
   小麦増産見通し、米中貿易交渉で目に見えた改善が見られて
   いないことなどから下落となっています。 コーン、大豆
   レンジ内の動き、小麦は前回安値近辺 明日は農務省需給発表
   があります。 国内 コーン下落、大豆変わらず コーン調整
   安局面、押し目買い方針、チャートのポイントでは買い拾いたい
   ところです。 昨日 国内ファンドは28枚の買いの手口と
   なっています。 

                         近藤
     
2019-03-07 07:29:51


今日は株安商品小動き。
今晩はECB政策金利、ドラギECB総裁会見。


ADP雇用者数は予想よりも悪い内容、
週末の雇用統計の内容が気になるところ。
今日も全体的に足踏み、調整局面。


東京金は週足転換線4618円、
NY金は1月中は1380ドル近辺で往来しており、
この辺りで下げ止まりとなるかどうか。


方針は様子見。
金が再び上昇する場面が出れば売り狙い。


大木康弘
本日は商品安、株安、ドル円は111円79銭 昨日より11銭の
円高です。 全体的に小動き 材料待ちと言ったところです。



貴金属  昨晩NYは金、白金下落 銀 まちまちとなっています。
    金は一目均衡表 雲上限で下値抵抗 銀は一目均衡雲の
    中でこの辺で下げ止まるかどうかと言ったところです。
     国内 金、白金下落 銀まちまち 金は4600円
    で抵抗、白金は一目均衡表 雲上限で下値抵抗にあって
    いますが、0.382押し近辺は下抜けとなっています。
    大勢買い方針ですが、もう一段下げを待ちたいところです。


穀物  昨晩シカゴ コーン、小麦上昇、大豆下落 小麦は下げすぎ
   修正高、コーン、大豆は小動きです。週末 需給発表待ちと
   言ったところでしょうか。 国内 コーン、まちまち、大豆
   変わらず コーン押し目買い方針、 昨日国内ファンドは
   30枚の買いの手口です。

                         近藤
    

2019-03-06 07:22:27


今日は株商品共に小動き。
今晩は米ADP雇用者数、
米地区連銀経済報告(ベージュブック)、
OECD経済見通し。


今日は株式市場含め全体が足踏みの展開。
東京金は週足転換線4618円、
NY金は1月中は1380ドル近辺で往来しており、
この辺りで下げ止まりとなるかどうか。


方針は様子見。
金が再び上昇する場面が出れば売り狙い。


大木康弘
本日は商品まちまち、株は下落 ドル円は111円90銭 昨日から
5銭の円高となっています。 貴金属は安値更新となっています。


貴金属  昨晩NYは金、銀、白金下落 昨日までの流れで続落
    となっています。 金は新安値更新、一目均衡表 雲 上限
    で抵抗あっています、 銀、白金も安値更新となっています。
     国内 金、銀、白金下落 3品とも安値更新、金は買うにも
    もう一段下がほしいところ、白金は本日0.328押し近辺
    押しが浅ければこの辺ですが こちらも慎重にもう一段下
    を待ちたいところではないでしょうか、大勢押し目買い
    方針。

穀物  昨晩シカゴ コーン、大豆上昇、小麦下落 コーン、大豆は
   米中貿易期待で上昇、小麦は輸出低調で下落となっています。
    国内 コーン下落、大豆変わらず コーン押し目買い方針
   昨日国内ファンドは104枚の買いの手口です。


                        近藤
本日は商品まちまち、株は上昇 ドル円は111円95銭 先週末より
25銭の円安となっています。 米GDPが良かったこと、長期金利
上昇もあり円安の流れとなっています。明日から中国 全人代となります。


貴金属  先週末 NYは金、銀、白金下落 米中貿易協議がまとまり
    そうなこと、長期金利上昇などもあり下落 金、白金は修正安
    銀はレンジ下抜けで一目均衡表 上から雲の中に入ってきました。
     国内 金、銀、白金下落 金は一目均衡表 基準線近辺、
    銀は一目均衡表 雲上限で下値抵抗となっています。調整安が
    少なければこの辺の可能性もありますが、上昇幅が大きかった
    だけに買うにも金、白金 もう一段下がほしいところでは
    ないでしょうか、大勢押し目買い方針。

穀物  先週末シカゴ コーン、大豆上昇、小麦まちまち 最近の
   下げに対して修正高となっています。 小麦はテクニカル的にも
   売られ過ぎに入ってきています。 今週末 農務省需給発表が
   あります。 国内 コーン上昇、大豆変わらず 円安でしっかり
   の展開 押し目買い方針、先週末 国内ファンドは108枚の
   買いの手口。



                         近藤
2019-03-04 07:43:22


今日は株小高く商品安い。
今週は火曜日に中国全人代
水曜日に米ADP雇用者数、ベージュブック、
金曜日は米雇用統計。


良好な米経済指標からドル高の流れ継続、
商品相場は調整局面となっている。
米国債利回り上昇から金安、
米エネルギー省が戦略石油備蓄の放出を発表から、
原油安となっている。


方針は金売り玉手仕舞い。
再び上昇する場面を待って売り狙い。


大木康弘
2019-03-01 07:33:43


今日は株小安く商品小高い。


米朝首脳会談の合意見送りを受けて上下波乱。
結果を受けて一時的に円高方向へ振れていたものの反転円安。
金相場も同様に一時的に上昇後下落、調整局面継続となっている。


全体的にかい離はきつい状態から少し緩んでいる。
ただし再上昇、高値更新には何かきっかけが必要な様子。


方針は変わらず金売り。
流れは未だ上昇傾向で変化ない。
再び上昇する場面を待って売り直しとしたい。


大木康弘
本日は商品まちまち、株は下落 ドル円は110円80銭 昨日より
24銭の円安となっています。 インド、パキスタンの空爆の応酬で
昨晩円高に振れる場面もありましたが、米長期金利上昇などもあり
円安の展開 本日 米朝首脳会談は合意できずの報道がでています。



貴金属  昨晩NYは金、銀下落 白金上昇 長期金利上昇などもあり
    金、銀は下落 白金は南アのストライキへの懸念や昨日までの
    流れで上昇となっています。 金レンジ下抜け、白金新高値更新
    銀レンジ内の動きとなっています。 国内 金、銀下落、白金
    上昇となっています。 金はレンジ下抜け、白金も上下波乱と
    なっています。 金は1月の保合い上抜けから0.382押し
    近辺、買うにももう一段調整を待ちたいところでしょうか、
    白金は買い玉利食いでよいのではないでしょうか、貴金属
    大勢押し目買い方針、調整安待。

穀物  昨晩シカゴ コーン下落、大豆、小麦まちまち ライトハイザー
   米通商代表が米中貿易協議について慎重な意見を述べたことで
   3品とも頭重たい展開。コーンは安値更新、大豆はレンジ内、
   小麦は同値圏の動きとなっています。
    国内コーンまちまち、大豆変わらず 円安で下げ幅削る展開
   コーン押し目買い方針継続。 昨日国内ファンドは19枚買い
   の手口となっています。


                           近藤

2019-02-28 07:33:24


今日は株小安く商品小動き。
今晩は米GDP速報値(第4四半期)。


インドとパキスタンの空爆や、
米中貿易問題に対して
「中国による追加購入だけでは合意はあまりに厳しい」
との認識を示したことなどから株式市場は頭重い展開。


金相場は上昇傾向の中で調整局面。
未だ上昇相場であり、
ここで天井形成となるか、再び上値追いとなるか。


方針は変わらず金売り。
流れは未だ上昇傾向で変化ない。
利食い可能な玉は利食い、
再び上昇した場面を売り直しとしたい。


大木康弘
本日は商品まちまち、株は上昇、ドル円は110円56銭 昨日より約20銭の
円高となっています、昨晩FRB議長の議会証言は目新しい材料はなく 市場は
反応無しとなっています。 今晩は下院での議会証言があります。



貴金属  昨晩NYは金、小幅安、銀まちまち、白金上昇 白金は
    南ア鉱山ストライキの報道もありしっかりの展開 金、銀は
    もみ合い、白金は新高値更新となっています。国内 金下落
    銀、白金はまちまち 金、銀は同値圏の動き、白金は上下振れる
    展開で大商いとなっています、テクニカル的にも買われ過ぎとなって
    いることと、チャート倍返し達成ですので買い玉利食いで良いのでは
    ないでしょうか、貴金属大勢押し目買い方針ですが、調整安を
    待ちたいところです。


穀物   昨晩シカゴ コーン、大豆、小麦下落 産地ブラジルで大豆の収穫が
    進展していること、中国からの明確な輸入がでていないことなどもあり
    下落となっています。コーンはレンジ下抜け、大豆はレンジ内、小麦は
    新安値更新となっています。 国内 コーン下落、大豆変わらず、
    コーンは調整安の範疇、押し目買い方針  昨日国内ファンドは63枚
    買いの手口となっています。


                            近藤
2019-02-27 07:28:38


今日は株商品共に小安い。


今日は英のEU離脱に関しての話が伝わっている。
遅くとも3月12日までに議会は首相のEU離脱合意について採決。
否決される場合、遅くとも13日に議会は合意なきEU離脱の是非を採決。
これも否決なら合意なきEU離脱の選択肢は排除され、
3月29日のEU離脱日を短期間延長する案を採決。
延長後の新たな離脱日は遅くとも6月末となる可能性とのこと。


パウエル証言では利上げに関して慎重姿勢を示し、
ドル安円高商品高の流れとなっている。


方針は変わらず金売り。
流れは未だ上昇傾向で変化ない。
引き続きゆっくり臨んでいきたい。


大木康弘
本日は商品まちまち 株安、ドル円は110円77銭 約15銭の円安
原油はトランプ大統領のOPEC批判発言で急落となっています。
今晩はFRB議長の議会証言が注目があります。


貴金属  昨晩NYは金、銀下落 白金上昇 金、銀は米中の関税引き上げ
    延期でドル安もあり下落、白金は関税引き上げ延期が好感され
    昨日までの流れもあり上昇となっています。 金、銀は同値圏
    の動き、白金は新高値更新となっています。 国内 金、銀
    まちまち、白金上昇 円安もあり下げ幅削る展開、金、銀は
    同値圏の動き、白金は新高値更新となっています。貴金属
    大勢押し目買い方針、金は調整安待ち、白金はテクニカル的にも
    買われ過ぎに入ってきました、チャートは倍返し近辺、買い玉
    利食い先行で良いのではないでしょうか、調整安あれば買いから
    入りたいところです。

穀物  昨晩シカゴ コーン、小麦下落 大豆上昇 コーン、小麦は
   輸出検証高が低調で下落となっています。 コーン、大豆は
   レンジ内の動き、小麦は新安値更新。
    国内  コーン、大豆まちまち  コーン押し目買い方針
   昨日国内ファンドは42枚買いの手口となっています。


                        近藤

本日は商品まちまち、株高、ドル円は110円62銭、先週末より
約10銭の円高となっています。米中貿易協議に楽観的な見方と
トランプ大統領が3/1の交渉期限を延期する意向を固めたとの
報道で白金、株などはしっかりの展開となっています。


貴金属  先週末NYは 金、銀、白金上昇 長期金利低下、ユーロ
    高などもあり しっかりの展開 金、銀は修正高、白金は
    新高値更新となっています。国内 金、白金上昇 銀まちまち
    金は修正高、白金は新高値更新となっています、金は調整安
    を待って買いから入りたいところ、白金は買いキープで
    ここからの噴き値は買い玉利食いでよいのではないでしょうか
    貴金属 大勢買い方針。

穀物  先週末シカゴ コーン、大豆まちまち 小麦 小幅上昇 
   アウトルックフォーラムでコーン、大豆在庫減少の見通しが
   でましたが反応薄となっています。 国内 コーン上昇、
   大豆 変わらず シカゴ夜間取引上昇もありしっかりの
   展開 コーン押し目買い方針、ここからの噴き値は利食いも
   考えたいところです。 先週末国内ファンドは67枚の買い
   の手口先週から買い越しになっています。


                        近藤
2019-02-25 07:33:00


今日は株高商品小動き。
今週は火曜日と水曜日にパウエルFRB議長議会証言、
金曜日は米中貿易戦争休戦の期限。


今週の注目はやはり米中貿易問題。
これには楽観的な見方が大半を占めてきたが、
期限が近付けば神経質な動きとなりそうだ。


方針は変わらず金売り。
流れは未だ上昇傾向で変化ない。
金の天井打ちは槍天の形よりも
横這い後天井打ちの形が多い。
引き続きゆっくり臨んでいきたい。


大木康弘
2019-02-22 07:55:14


今日は株安商品安。


FOMC議事録はハト派な内容であったものの、
予想通りの内容でもあり、
今日は出たら仕舞いの展開となっている。


金相場も相対力が80超え、
かなりの過熱感であったため修正局面。
昨日今日の下げで指数は60台まで緩んでおり、
再び上昇の流れに入るか足踏みか。
未だ天井打ちとは考えにくく、
臨機応変に対応したいところ。


方針は変わらず金売り。
流れは上昇傾向で変化ないため、
引き続きゆっくり臨んでいきたい。


大木康弘
本日商品まちまち、株は上昇ドル円は110円71銭 15銭の円高
となっています。今朝方のFOMC議事録は目新しい材料なく市場は
反応薄となっています、本日から 閣僚級の米中貿易会議となります。


貴金属  昨晩NYは金、銀、白金上昇 ドル安などで上昇でしたが
    FOMC議事録は目新しい材料なくだれる展開となっています。
    金、白金は新高値更新、白金は一目均衡表 雲の中から上に
    でてきました。 国内 金下落、銀まちまち、白金上昇 金は
    昨日大商いもあり下落 買い方利食いの調整安との見方が多い
    ようです。かなりの上昇でしたので買うにもある程度の調整を
    待ちたいところではないでしょうか、閣僚級の米中貿易会議
    などもありチャートのポイントまで引き付けたいところです。
    白金は新高値更新 一目均衡表 雲の中で高値は雲上限で抵抗に
    あっています、他の貴金属、非鉄なども上昇しており白金も
    上昇 ここ何年か何度も上昇できなでいることや 南ア鉱山
    スト、停電などの漠然とした材料はありますが、明確な材料
    には欠けるため半信半疑ではありますが買い玉あればキープ
    でいきたいところです。大勢 貴金属押し目買い方針。


穀物  昨晩シカゴ コーン、大豆上昇 小麦下落 小麦は昨日輸出
   低調の発表の流れで下落レンジ下抜けとなっています、コーン、
   大豆はレンジ下限 今日、明日の農業フォーラム、閣僚級の
   米中貿易会議の結果待ちとなっています。 国内 コーンまちまち
   大豆変わらず 国内もイベント待ちとなっています。 押し目
   買い方針。 昨日国内ファンドは35枚の買いの手口と
   なっています。

                          近藤

2019-02-21 07:31:18


今日は株小高く商品小動き。


FOMC議事録では下振れリスクの強まり、
世界および中国の成長鈍化への懸念が示された。
ハト派な内容ではあったものの、
年内の利上げについては選択肢を残す形となった。


方針は変わらず金売り。
流れは上昇傾向で変化ないため、
引き続きゆっくり臨んでいきたい。


大木康弘
本日は商品高、株高 ドル円は110円86銭 約25銭の円安
全面高となっています。 明日未明 FOMC議事録の公開が
あります。 今晩は満月です何か変化でるか?


貴金属  昨晩NYは金、銀、白金上昇 ユーロ高、長期金利
   低下などもあり上昇 金はレンジ上抜け新高値更新、白金は
   レンジ内ですが一目均衡表 下から雲の中に入ってきました。
   NY金もテクニカル的には買われ過ぎになってきました。
   目先は 明日未明のFOMC議事録で何か新しい材料が
   でるかどうかと言ったところでしょうか、国内 金、銀,白金
   上昇 3品とも新高値更新となっています。金は大商い 売り方
   の踏みもでていたのではないでしょうか、貴金属は大勢買いで見ます
   が 金の調整安待ちですが波乱で仕掛けできない展開、白金は
   もう一段の伸びを期待したいところです。

穀物  昨晩シカゴ コーン、大豆、小麦下落 週間輸出検証高の発表で
   小麦がロシア輸出減のため米国産の輸出が増えるとの見方がありましたが
   発表は低調で大幅下落となっています、大豆、コーンは連れ安
   明日からの、農業フォーラム、米中貿易交渉が始まりますので注目したい
   ところです。
    国内 コーンまちまち、大豆変わらず 先物はファンドの買で
   しっかりの展開 押し目買い方針 昨日 国内ファンドは55枚買い
   の手口となっています。


                         近藤

商品先物取引に関する注意事項勧誘方針個人情報保護方針お客様相談窓口