BULLBULL BEARBEARは商品先物のページです
サイト内検索
フジフューチャーズ

新たな通商交渉を提案2018-09-13 17:27:25

本日は商品まちまち、株は上昇 ドル円は111円台前半となっています。
米国が中国に対して新たな通商交渉を提案しているとの報道で、ドル安、
金高、株高の流れとなっています。 今晩はECB,BOE,トルコ
金融政策会合とイベントが続きます。


貴金属  昨晩NYは金、銀、白金上昇、米国が中国に対して新たな通商交渉を
     提案しているとの報道で、ドル安もあり金中心にしっかりの展開
     チャートはもみ合いとなっています。国内 金、銀、白金上昇
     レンジ内上限 上に抜けられるかどうか、中国への2000億ドル
     の追加関税もまだ発動されておらず、産業界の反対が多かったのか
     米国が中国に新たな通商交渉を提案ということで流れが変わって
     くるかどうかと言ったところ、 あくまでもある程度調整安が
     あれば金中心に買いから入りたいところです。

穀物  昨晩シカゴ コーン、小麦急落、大豆上昇 注目の需給発表は
    コーンの単収がサプライズの発表となり 先月の発表をさらに
    上回る181,3Buとなり作付け面積は去年を下回っていますが
    生産高は去年を上回る数字となって急落、小麦は米、ロシアが生産高
    上方修正となり下落、大豆も生産高、在庫上方修正となりましたが
    米国が中国との新たな通商交渉を提案しているとの報道で安値から
    切り替えして上昇となっています。国内 コーン、大豆下落
    コーンは材料的にはもう一段下落でも不思議ではなかったと思い
    ますが、シカゴコーン12月限350セントではやや抵抗にあった
    感じです、慎重派は売り玉一部利食いで良かったのではないでしょうか
    これから収穫のプレッシャーがかかってくること、依然 米中貿易交渉は
    長引きそうで、来年は農家もリスクが高い大豆を減らしコーンの作付け
    を増やすことが考えられることなど、現在は上昇しても売り方利食いの
    修正高の範疇になりそうです、もちろん戻りが鈍ければチャートは下抜け
    するのではないでしょうか。 コーン戻り売り方針、昨日国内ファンドは
    32枚買いの手口、当業者は22枚売りの手口となっています。

                             近藤
  
    

商品先物取引に関する注意事項勧誘方針個人情報保護方針お客様相談窓口