BULLBULL BEARBEARは商品先物のページです
サイト内検索
フジフューチャーズ

エタノール生産量・仕掛け待ち。

(エタノール生産量)
米エネルギー省が発表した6月9日までのエタノール生産量は前週比0・3%増加の日量100・2万バレルでした。在庫は前週比2・5%増加の22250万バレルでした。(この発表は材料にならずです。)

(米国の6~10日予報、6月20~24日)
(気温)西3分の1は平年並み~平年を上回る、東3分の2は平年を下回る
(降水量)西半分は平年を下回る、東半分は平年並み

(西部は高温乾燥で天候懸念があります。他は低温乾燥予報で良好です。)

▼トウモロコシ・大豆
今日のトウモロコシはシカゴが4セント安、夜間取引が0・75セント高、、為替が109円60銭で45銭の円高で推移し当限が変わらず、他の限月は80~150円安で終わりました。期先は22310円で120円安で終わりました。今日のシカゴは、作柄が大幅に低下していた北部地域に2日間まとまった雨、他のコーンベルトにも恵みの雨があり下げました。また原油の急落も影響しました。ここからの相場展開としては、今日発表された10日予報は西部は高温乾燥で天候懸念がありますが、主産地は低温乾燥予報で作柄には大きな影響はない感じがします。このため7~8月の受粉期の天候次第の動きになりそうです。チャートも方向性がなく待ちたいと思います。今日発表されたエタノール生産量は通常の生産高でした。

今日の大豆はシカゴが0・75セント安、夜間取引が1セント高で推移しマチマチで終わりました。期先は44600円で400円安で終わりました。今日のシカゴは、今週の降雨はコーンベルトの大半に及んだことや原油安で小安く終わりました。

今日のフレートは36ドル91セントで前日比7セント高でした。

川原


商品先物取引に関する注意事項勧誘方針個人情報保護方針お客様相談窓口