BULLBULL BEARBEARは商品先物のページです
サイト内検索
フジフューチャーズ

明日は需給発表・作付け進捗率・輸出検証高・トウモロコシ一部買い玉維持。

明日は注目の需給発表がありますが事前予想が出ています。
(期末在庫2016~17年度)
(トウモロコシ)23億4500万BU(前月23億2000万BU)+2500万BU
(大豆)4億4700万BU(前月4億3500万BU)+1200万BU
(17~18年度は出ていません)

(南米の生産高予想)
(ブラジル)
(トウモロコシ)9250万トン(前月9150万トン)+100万トン
(大豆)1億1000万トン(前月1億800万トン)プラス200万トン
(アルゼンチン)
(トウモロコシ)3780万トン(前月3750万トン)+30万トン
(大豆)5610万トン(前月5550万トン)+60万トン

(作付け進捗率)
(トウモロコシ)3%(前年4%、平年3%)
もう少し進展していると見ていましたが平年並みでした。

(米国の6~10日予報、4月16~20日)
(気温)北端は平年を下回る、他の地域は平年を上回る
(降水量)南東部が平年並み~平年を下回る、他は平年を上回る
(まだ高温多雨予報です。天気予報は良好だと思います。)

(土壌水分について)
先週は全米で雨が多く土壌水分不足は見当たりません。現時点では適度、過剰が大半で良好な状態です。

(輸出検証高)
(トウモロコシ)117万トン(今期累計前年比166%、米農務省129%)
(大豆)83万トン(今期累計前年比113%、米農務省105%)
(この時期とすればまずまずの数字です。)

(輸出需要)
トウモロコシが仕向け地不明で10万1600トン成約しています。

▼トウモロコシ・大豆
今日のトウモロコシはシカゴが7・50セント高、夜間取引が1セント安、為替が110円65銭で70銭の円高で推移し120~550円高で終わりました。期先は21730円で170円高で終わりました。今日のシカゴは、明日の需給発表を前にして大豆売り、トウモロコシ買いで上げたとしていますが、その割にはトウモロコシの上げ幅が大きく感じます。今日は今年初めての作付け進捗率が出ましたが、平年並みの3%でした。輸出検証高は117万トンで今期累計は前年比166%で農務省を37%上回っています。ここからの相場展開としては、明日の需給発表も事前予想と大きくは変化ないと思います。目先は作付けにも問題はなさそうでまだ下値鍛錬が続きそうです。しかし、現在は天候相場ですから何があるか分かりません。引き続き買い場探しで見て行きたいと思います。

今日の大豆はシカゴが、変わらず、夜間取引が1・50セント高で推移しマチマチで終わりました。期先は46700円で210円安で終わりました。今日のシカゴは、アルゼンチンの豪雨や原油高の上げ材料がありましたが、明日の需給発表で南米産上方修正やトウモロコシとのスプレッド売りで同値圏で終わりました。今日発表された輸出検証高は83万トンで今期累計は前年比113%で米農務省を8%上回っています。

今日のフレートは40ドル29セントで前日と変わらずでした。

川原


商品先物取引に関する注意事項勧誘方針個人情報保護方針お客様相談窓口