BULLBULL BEARBEARは商品先物のページです
サイト内検索
フジフューチャーズ

高温乾燥懸念後退で急落・輸出成約高・トウモロコシ買い玉維持。

(今日のニュース)
今日は高温乾燥がそれほどでもないとの思惑や月末に降雨予報が拡大したためトウモロコシが15セント、大豆が46セント、小麦が25セント前後の急落です。

米農務省は13日、11日現在の干ばつモニターで中西部の干ばつ地域(D1~D4)が広がったとしています。全産地に占める割合はトウモロコシ、大豆ともに前週比3%拡大の9%になったとしています。アイオワでトウモロコシ産地が14%(前週9%)、、ネブラスカが18%(前週12%)、ノースダコタ、サウスダコタは1週間で20%上昇し全て50%を超えたとしています。イリノイは一歩手前としています。
(今週はここまで限られた降雨で、週末までは少雨予報で干ばつ地域の拡大を考えますと、来週の作柄状況も2~3点の悪化の可能性が高いと見ています。)

(米国の6~10日予報、7月19~23日)
(気温)コーンベルト全域で平年を上回る、
(降水量)北3分の1は平年並み~平年を上回る、他の地域は平年並み~平年を下回る
(大幅に上回る気温はなくなりましたが、まだ全米で平年を上回る予報です。降水量は北3分の1が平年を上回り、他は平年並み~平年を下回る予報です。予報ではまだ天候懸念が残ります。)

(輸出成約高)
(トウモロコシ)44万トン(今期累計前年比116%、米農務省129%)
(大豆)68万トン(今期累計前年比116%、米農務省110%)
(トウモロコシは32万トンのキャンセルが出ています。大豆は前年より好調です。)

(ファンドの動き)
昨日のファンドは1060枚の売り残玉で130枚売りでした。この下げで再度売り直ししています。

▼トウモロコシ・大豆
今日のトウモロコシはシカゴが15・75セント安、夜間取引が3・25セント高、為替が113円30銭で30銭の円安で推移し0~440円安で終わりました。期先は22470円で70円安で終わりました。大引け三段は陰転しました。今日のシカゴは、高温乾燥懸念がやや後退し、月末の降雨予報でファンドの売りが出ました。シカゴも、国内もファンドは売り方針ですので上げれば手仕舞い、下げれば再度売り直しが続いています。ここからの相場展開としては、期末在庫が多いだけに少しの生産高減少では上値も限られます。現在の作柄65点が60点を下回るようになると変わってくると思います。私としては、今週は残り3日間の予報をを含めて先週と同じような降水量と見ています。農務省の干ばつ地域の拡大を見ますと来週の作柄も2~3点悪化の可能性が高いと思っています。チャートの形は悪いですが、天候相場らしい激しい動きになっていますのでまだ高値波乱で見て行きたいと思います。

今日の大豆はシカゴが46セント前後安、夜間取引が3セント高で推移し0~1750円安で終わりました。期先は489280円で220円安で終わりました。今日のシカゴは一時の高温乾燥予報が後退し急落しました。

今日のフレートは37ドル87セントで前日比9セント高でした。

川原

商品先物取引に関する注意事項勧誘方針個人情報保護方針お客様相談窓口