BULLBULL BEARBEARは商品先物のページです
サイト内検索
フジフューチャーズ

北部に恵みの雨、インフォーマ生産高予想・トウモロコシ買い玉維持。

今週もよろしくお願いします。

(今日のニュース)
先週末のシカゴは北部の降雨や月末27日と31日に雨予想で11・25セント急落しました。また、夜間取引安は10日予報が平年を下回る気温で下げていると思います。

(インフォーマトウモロコシ単収予想)
インフォーマが先週20日現在、トウモロコシの単収を166・2BUと発表したようです。自身の前回の単収169・7BU(米農務省170・7BU)から3・5BU、農務省から4・5BUの下方修正でした。この場合、期末在庫は19億BUになりまだ潤沢です。適正在庫17億BUを下回るには単収163BU以下(作柄状況は60点と考えています。)が必要になります。

(米国のの6~10日予報、7月29~8月2日)
(気温)西端は平年並み、他の地域は平年を下回る
(降水量)主産地は平年を下回る、南端は平年を上回る
(コーンベルト90%が低温乾燥予報です。)

▼トウモロコシ・大豆
今日のトウモロコシは先週末のシカゴが11・25セント安、夜間取引が8セント安、為替が111円10銭で70銭の円高で推移し600~770円安で終わりました。期先は21730円で770円安で終わりました。大引け三段は4本目が入りました。先週末のシカゴは、アイオワ、イリノイに以北にまとまった降雨があり今週の降雨予報で急落しました。やはり雨には敏感です。夜間取引安は10日予報の低温が材料だと思います。私としては、8月上旬に向けて作柄悪化と見て高値波乱と見ていましたが急落しました。ここからの相場展開としては、引き続き作柄次第になると思います。明日の作柄状況は、先週北部に恵みの雨が降りましたが、アイオワ、イリノイは40%でした。ここまで少雨でしたのでやや悪化と見ています。全米で見た場合は、先週1週間は今年一番の暑さで1~3点の悪化と見ています。生産高を決める受粉期は来週で終わりますので後2週間が山場です。来週前半は、8月1日現在の生産高予想がインフォ-マや各大手業者から発表されますので注目です。チャートの形は悪いですが、作柄悪化が続く可能性がありまだ高値波乱で見て行きたいと思います。

今日の大豆は先週末のシカゴは4セント安、夜間取引が20セント安で推移し0~1390円安で終わりました。期先は48780円で1330円安で終わりました。夜間取引安は10日予報が低温予想で下げていると思います。

今日のフレートは39ドル73セントで前日比13セント高でした。

川原

商品先物取引に関する注意事項勧誘方針個人情報保護方針お客様相談窓口