BULLBULL BEARBEARは商品先物のページです
サイト内検索
フジフューチャーズ

エタノール生産量・トウモロコシ買い玉維持。

(エタノール生産量)
米エネルギー省が発表した7月21日までのエタノール生産量は前週比1・4%減少の101・2万バレルでした。在庫は前週比2・7%減少の2152万バレルでした。

(米国の6~10日予報、8月1日~5日)
(気温)北西部は平年を上回る、北部は平年並み、他の地域は平年を下回る
(降水量)主産地は平年を下回る、南部は平年を上回る
(ほぼ昨日と同じ予報です。)

(ファンドの動き)
昨日のファンドは1260枚で110枚の売りでした。

▼トウモロコシ・大豆
今日のシカゴは4セント高、夜間取引が0・25セント高、為替が111円00銭で90銭の円高で推移し0~170円高で終わりました。期先は21700円で変わらずで終わりました。今日のシカゴは、昨日降雨予報で下げましたがアイオワの降水量が予想より少なく戻しました。昨日の降水量はネブラスカで4~25ミリとしています。現在アイオワを通過しイリノイを通過しそうです。ここからの相場展開としては、作柄状況で動くことになりますが、今週は気温の低さは良好ですが、降雨は1日でまだ作柄悪化の可能性が高いと見ています。来週前半には作柄状況、各大手業者の単収予想、8月の30日予報と重要なイベントがあります。先週から降雨予報だけで急落していますが、受粉期に入っての作柄状況は悪化が続いています。このため今後の天候次第ではまだ波乱の可能性が残っていると思います。問題は8月1日現在の単収がどの程度かでこれからの相場の組み立てが変わってきますので来週前半に注目です。

今日の大豆はシカゴが7・50セント高、夜間取引が0・50セント安で推移し0~400円高で終わりました。期先は49210円で40円高で終わりました。今日のシカゴはアイオワの降水量が事前予想を下回り上げました。

今日のフレートは39ドル

川原

商品先物取引に関する注意事項勧誘方針個人情報保護方針お客様相談窓口