BULLBULL BEARBEARは商品先物のページです
サイト内検索
フジフューチャーズ

FCストーン生産高予想・30日予報・トウモロコシ一部買い玉維持。

(今日のニュース)
今日はFCストーンから8月1日現在の単収予想が発表されました。この後インフォーマや数社が発表してきますので注目です。
(トウモロコシ)
(単収)162・8BU(米農務省170・7BU)マイナス7・9BU
(生産高)135億9000万BU(米農務省142億5500万BU)マイナス6億6500万BU
(この単収であれば期末在庫は現在の23億2500万BUから適正在庫16億6000万BUになります。)

(米国の6~10日予報、8月7~11日)
(気温)コーンベルト全域で平年を大幅に下回る
(降水量)北西部は乾燥、他は平年を上回る

(米国の8月の30日予報)
(気温)アイオワから南西部にかけて平年を下回る、他は平年並み
(降水量)コーンベルト大半で平年並み、南西部が平年を上回る
(気温は平年並みから低め、降水量は平年並みです。)

▼トウモロコシ・大豆
今日のトウモロコシはシカゴが8・25セント安、夜間取引が2・75セント高、為替が110円75銭で50銭の円安で推移し当限が1400円安,他の限月は60~320円安で終わりました。期先は21450円で60円安で終わりました。今日のシカゴは低温多雨予報や大豆の35セントの急落で連れ安しました。今日はFCストーンから生産高の発表がありましたが、この生産高であれば期末在庫は16億6000万BUで適正在庫になります。インフォーマも20日の166・2BUから見た場合この数字に近いと考えています。もうひとつの注目の8月の30日予報は、気温は良好ですが、作柄が改善するには降水量が必要です。干ばつ地域が拡大していますので平年並みの降水量では改善は難しいと思います。今年のトウモロコシは作柄が悪化すればするほど下げる不思議な相場ですが、この後の大手業者の発表を見たいと思います。

今日の大豆はシカゴが35セント安、夜間取引きが5・75セント高で推移し0~810円安で終わりました。期先は46800円で700円安で終わりました。今日のシカゴは作柄改善や低温降雨予報で急落しました。トウモロコシの受粉は今週で終わりますが、大豆はまだ1ヶ月残していますので低温多雨予報でどこまで改善するかです。

今日のフレートは39ドル24セントで前日比54セント安でした。

川原



商品先物取引に関する注意事項勧誘方針個人情報保護方針お客様相談窓口