BULLBULL BEARBEARは商品先物のページです
サイト内検索
フジフューチャーズ

1ヶ月予報・作付け進捗率・輸出検証高。

今週もよろしくお願いします。

(作付け進捗率)
(トウモロコシ)17%(前週5%、前年32%、平年27%)
(大豆)5%(前週2%、前年9%、平年5%)

(輸出検証高)
(トウモロコシ)147万トン(今期累計前年比81%、米農務省97%)
(大豆)679万トン(今期累計前年比88%、米農務省95%)

(輸出需要)
アルゼンチンが大豆を12万トン成約しています。

(米国5月の30日予報)
(気温)コーンベルト全域で平年を上回る
(降水量)東部は平年並み~平年を下回る、他は平年を上回る
(気温は高め、降水量はマチマチですが、全体で見た場合は良好だと思います。)
(米国の6~10日予報、5月6~10日)
(気温)西半分は平年を上回る、北東部は平年を下回る、他は平年並み
(降水量)南西部は平年を上回る、他は平年を下回る
(大半の地域が作付けに適した予報です。)

(ファンドの動き)
先週末のファンドは10枚の買いで880枚の買い残玉になりました。

▼トウモロコシ・大豆
今日のトウモロコシは2日間のシカゴが5・50セント高、夜間取引が変わらず、為替が109円40銭で10銭の円安で推移しマチマチで終わりました。期先は25450円で120円高で終わりました。大引け三段は12本目が入りました。2日間のシカゴは、小麦の急伸、作付け遅れ懸念で上げました。(一部ブラジルの乾燥懸念も材料になっています。)今日発表された作付け進捗率は17%で事前予想18%を下回り5年平均が27%で10%下回っています。今日発表された、10日予報や30日予報は作付けに適した予報だと思います。このため、作付け遅れは取り戻せると思います。期末在庫の22億BU近い数字から見た場合は、現在の7月限の4ドルは良い値段だと思います。天候も私としては、作付けに関しては問題ないと思いますが、円安傾向や小麦が上げを主導していますのでどこまで上げるかです。

今日の大豆は2日間のシカゴが9セント高、夜間取引が4・75セント安で推移し0~1090円高で終わりました。期先は50000円で100円高で終わりました。大豆の作付け進捗率は5%で平年並みでした。

今日のフレートは45ドル81セントで前日比2セント高でした。
川原

商品先物取引に関する注意事項勧誘方針個人情報保護方針お客様相談窓口