BULLBULL BEARBEARは商品先物のページです
サイト内検索
フジフューチャーズ

閑散続く・収穫・輸出検証高・トウモロコシ一部買い玉維持。

(収穫
(トウモロコシ)83%(前週70%、前年92%、平年91%)
(大豆)93%(前週90%、前年96%、平年95%)

(輸出検証高)
(トウモロコシ)38万トン(今期累計前年比55%、米農務省80%)
(大豆)206万トン(今期累計前年比85%、米農務省103%)
(トウモロコシ、大豆ともに米農務省予想を下回っています。)

(ファンドの動き)
昨日のファンドは70枚の売りで1580枚になりました。

▼トウモロコシ・大豆
今日のトウモロコシは、シカゴが1・75セント安、夜間取引が0・50セント安、為替が113円60銭で20銭の円安で推移しマチマチで終わりました。期先は21530円で20円安で終わりました。大引け三段は3本目が入りました。今日のシカゴは、輸出検証高低調やブラジルの降雨で大豆が下げトウモロコシも下げました。今日発表された輸出検証高は38万トンで今期累計は前年比55%で低調な数字です。ここからの相場展開としては、シカゴの3ドル50セント以下は値ごろ感がありますが、輸出需要低調、南米も目先は問題がない天気予報で動きにくい展開が続きそうです。需給発表まで約2ヶ月間上げて、需給発表後下げに転じていますのでどのような形で2番底形成するかと考えています。

今日の大豆はシカゴが12・75セント安、夜間取引が2・75セント高で推移し0~100円安で終わりました。期先は47960円で40円安で終わりました。今日のシカゴは、輸出検証高は高水準でしたが、ブラジルの降雨で下げました。

今日のフレートは44ドル74セントで前日比27セント安でした。

川原

商品先物取引に関する注意事項勧誘方針個人情報保護方針お客様相談窓口