BULLBULL BEARBEARは商品先物のページです
サイト内検索
フジフューチャーズ

長期予報・輸出成約高・仕掛け待ち。

今週も1週間お疲れ様でした。今日は注目の長期予報(6~8月)が入りました。

(長期予報)
(6月)気温、降水量ともに平年並み
(7~8月)気温は北西部が平年並み、他の地域は平年を上回る、降水量は西端が平年を上回る、他の地域は平年並み
(6月は気温、降水量ともに平年並みで良好、7~8月は気温が高めでやや問題ありの予報です。)

(米国の6~10日予報、5月24~28日)
(気温)コーンベルト全域で平年を下回る、
(降水量)東端、南端は平年を上回る、他の地域は平年並み~平年を下回る
(作付けに適した予報です。)

(輸出成約高)
(トウモロコシ)87万トン(今期累計前年比131%、米農務省129%)
(大豆)40万トン(今期累計前年比122%、米農務省107%)
(トウモロコシは28万トンのキャンセルが響きました。農務省予想を達成すには100万トンが必要で米農務省に接近してきました。大豆はまだ15%農務省を上回っています。)

(ファンドの動き)
昨日のファンドは今度は20枚の売りに変わりました。残玉は1140枚になりました。

▼トウモロコシ・大豆
今日のトウモロコシはシカゴが5・50セント安、夜間取引が1・25セント高、為替が111円30銭で同値圏で推移しマチマチで終わりました。期先は22100円で100円高で終わりました。今日のシカゴは、ブラジル大統領の汚職関与疑惑を受けてレアルが急落し、ブラジル産の大豆輸出増加懸念で大豆が31セント急落しトウモロコシも下げました。今日は注目の6~8月までの長期予報が発表されましたが、6月の天候は気温、降水量ともに平年並みで良好な予報です。7~8月は気温が高めで天候懸念があります。ここからの相場展開としては、7~8月は天候懸念がありますが、6月の天候は良好で下値鍛錬の時間が必要だと思います。状況を見ながら買いのタイミングを計りたいと思います。

今日の大豆はシカゴが31セント急落、夜間取引が5セント高で推移し0~1020円高で終わりました。期先は46900円で230円高で終わりました。今日のシカゴは、ブラジルレアルが急落し米国産の輸出減少観測で下げました。今日発表された輸出成約高は40万トンで多くはありませんが農務省の予想を15%上回っています。

今日のフレートは36ドル47セントで前日比9セント高でした。

川原

商品先物取引に関する注意事項勧誘方針個人情報保護方針お客様相談窓口